いまさらながら再発見

朝、お客様を駅まで送るときの会話

「ほんと、ここは空気がおいしいですね」

「ありがとうございます」

「山もきれいで」

「そうですね 今が新緑、一番いい頃です」

とここまではよくある会話です

清流宇佐川

「ところでお客様はよく旅行されるんですか?」

「ええ」

さらにお客様は続けられ
「年もとしだし、歩くのも時間がかかるので
余裕をもって・・・スミマセン一本早い電車で
お願いしたんですよ」

(当初の電車は乗り換えに時間が10分しかないので
急遽、一時間早い電車に変更された)

「イヤ、いいんですよ~それより、よくこんな不便な
ところまで足を運んで頂いてありがとうございます」

お客様
「不便なところじゃないとホントにいいところは
ありませんょ」

この言葉、聞けば当たり前のようですが、とても
新鮮に感じたわけです。

清流1

お客様からの言葉を思い出しながら
改めて自分たちの地域を見てみると
その自然の恩恵を深く感じることができました

そして頂いた言葉からの気づきは
「この環境に感謝し残し伝えていくこと」です

このことは今の仕事において
もしかしたら義務なのかもしれません

例えば
悪いものを売るのは罪です

しかし
いいもの、ほんとに価値あるものを
伝えていかないのもまた罪かもしれません

ハッキリとではありませんが
一昨日の博多での自己啓発から不思議と
自分のやるべき方向が見えてきたようです

コメントは受け付けていません。