あれから一年・・・6月16日

早いような、長いような一周忌を
迎えました

6月16日は、自分と同じ年で他界した
和菓子屋の彼女の命日でした

明るく活発で、とても病に倒れるとは
思ってもいなかっただけにショックでした

展望台からの日本海

そしてまた、彼女こそが自分を経営者として
尊敬してくれたたったひとりの人でした

それだけに一年前は、尊敬に値しない
自分を悔い、不甲斐なさと悲しさの
二つが交り合っての涙にくれました

あれから一年
悲しみもさることながら、今の自分は
彼女の思っていたような経営者に近づけたか?

この6月16日は、経営者として人として
成長できたか?どうか?振り返ってみる
日にしました

顧みればこの一年間、自分なりに
やってきたもののまだまだやれる気もします

そして、世の中の素晴らしい経営者に
近づけるべく、また来年の6月16日を節目に
精進してみたいと思った次第です

最近、感じてきたことは
成果はまだまだながら、経営に対し
面白味が沸いてきました

折れそうな時、迷った時、常に
他界した彼女が空の上から見ているように

志半ばで、他界した彼女の思いも背負って
一流、超一流の経営者の道に挑んでみたいと
思ってます

経営者に引退はない

これからがチャレンジと失敗の繰返し
そして、その先に喜びの日々が待っているようです

元ノ隅稲荷神社の展望台

コメントは受け付けていません。