報告:第85回山代健康大学「はじめてのタブレット教室」

健康大学も70回目以降は、コミュニケーションを
テーマに取り組んできました。

健康とは・・・一に運動、二に食事、かならず禁煙
最後に薬と厚労省は言っております

自身がが大事にしてきたのは、外出する 人と話す
そして笑うこと

つまり、コミュニケーションがあってはじめて
内面の健康が保たれると思っております

ということで、今回はタブレットを使って
コミュニケーションをとってみよう!という
訳です

ドコモショップ岩国店の協力でスタート

さて、
ドコモショップ岩国店のご協力で自信をもって
スタートしたわけですが

しかし
平均年齢78.7歳の参加者方々

スタートしてからの30分は、我々の想像をこえる
使い方の数々で、こちらの頭も混乱
どうなるものやら・・・・

しかし、だんだんと慣れてこられると
ゲームでマージャンをしたり

さらに
地図を検索して自分の家を出したり

慣れてくればグーグルストリートbビューで自分の家を見せてみる

パソコンと違って音声認識があるので
検索も楽のようでした

ほんと最初の30分は自身の頭が
オーバーヒート状態でした

ドコモショップの方のご協力もあり
また参加者同士が教え合ったりなど

こちらが目的としている
コミュニケーションが、スタッフとの
そして参加者同士で築けました

やっぱり男性は女性に教わると嬉しいもののようです

さらに、今回は次回(9月17日)の
内容にも触れ

一日では結構なボリュームでの実施でした

もちろん、健康運動指導士でもある
自身の出番が回ってきたのも残り1時間

正直、午前中は頭をフル回転
そして午後は口腔機能や運動機能を
使っての実施に心地よい疲労感でした

また、次回は音楽と映像を使っての
健康増進を行います

午後の運動 懐かしの歌と映像でつづる昭和39年

そして午後はすごし易い季節を体感しての
ウォーキング教室と次回もまた自信を持っての
内容です

とりあえず、無事終了し、参加者にも満足して
帰っていただけた瞬間が、何よりの達成感を
感じさせてくれます

ダブルタスクで認知機能の向上

コメントは受け付けていません。