「十一(といち)」とは?

知る人は知っている
でも、関わりたくない言葉なんです

十日で一割の金利
つまり、30万円借りると
十日後には3万の利息がついて33万円

お金を借りるのは
お金がないから借りるので
十日で一割の金利なんて返せません

紙幣

さらに十日後に33万円返せないと
また新たに別口で33万円借りたことに・・・

ということで、あっという間に63万円の借金
もちろん、まずもって返せません

しかたなく・・
69万、もう一つ別口で借りてしまう

そうです
これが雪だるま方式の複利

ある言葉でいえば「ヤミ金」です

この金利(ヤミ金)の実質年利は
1000%~3000%といわれてます
(もちろん法律では認められてません
通常年利が20%以内)

30万借りれば3000万~9000万

恐ろしい事です

.悩み

「えっ!そんな貸し金に手を
出したんですか!?」
と思われる方もいらっしゃる筈

もし、自分がこのような状況なら
会社なんて来てませんし
来ても仕事どころではありません

しかし
この法外なヤミ金を返済した方が
いらっしゃいます

その人の講演が明日
福岡は博多であります

世の中に成功哲学や
様々なビジネス書がありますが、
「ヤミ金を返す本」なんてありません

しかもヤミ金の返済なんて
苦労どころではなく並みの精神では
メンタルが持つわけがありません

ですが
この土壇場の状況をしなやかな
遊びゴコロで乗り切った方がいます

どんな話か?
いまから楽しみです!!

あの方の
持ち前の表現力とエネルギーが
博多の土地のパワーと融合し・・・

屋台

「どん底時代の話もネタにする」
すばらしい人間力のある人と会え
話を聞けるのがホント今から楽しみです

コメントは受け付けていません。