「カラダを整えると心も整う」運動することの必要性

毎朝、6時25分の
TV体操をやってます。

しかし
先週は週7日のうち1日だけ・・・

毎日やっていることをやらないと
・・・
???


食後の歯磨きをしてないようで、
何となくスッキリしないものです。

さて本日は
カラダを整えると(運動すると)
心も整うのは、何故なのか?

健康運動指導士の
私、吉本がお伝えします。

1.痩せる為には運動よりも食事です。

カラダが理想の体型に近づけば
自信がつくのはご理解頂ける
はずです。

では

理想のカラダに近づける為には、
スリムアップやダイエットがあります

深夜のTVショッピングでは
理想の体型に近づける為の
様々なものも売られてます

しかし
ハッキリ言います

痩せる為には運動よりも
食事をどのようにとるのか?
食事の摂り方が重要なのです

2.何故、運動すると心に余裕ができるのか?

運動するとストレス耐性
(ストレスに耐えられる力)が
上ります

仕事、人間関係、家庭、お金など
ストレスの原因は様々です

しかし、運動をすることで
これらのストレスに対し

運動してない人よりは

受け入れ度合が大きくなります

さらに運動することにより、
置き換え入れ換えではありませんが

日常のストレスを
運動する疲労感と置き換えます

つまり
日頃のストレス < 運動のストレス
となります

ストレス過多になるとイライラするで
血圧が上ります

また脳が余計なエネルギーを
使ったりとあまりイイことは
ありません

3.運動することで神経栄養因子が増えます ⇒ うつ・認知症予防に最適

これからは多種多様な生き方や
情報過多の時代となります

そうすると同時にメンタル面を
やられる危険性も増えてきます

それは人間関係だったり
仕事スタイルの変化だったり
新しい生活様式と様々です

自分から変化するならまだしも、
変化せざるを得ない環境や状況が
大きなストレスとなり精神面に
負担をかけます

そして、それが重なっていくと
・・・
???
行きつくところは鬱(うつ)状態

では何故運動なのか?と言えば
神経細胞の維持に必要な物質を
分泌することが、ここ数年の
研究でわかったのです。

つまり運動することで
「うつ予防」「認知症予防」が
可能なのです

4.まとめ「運動することで心が整い、結果カラダも整う」

運動で消費カロリーを上げるより、
食事で摂取カロリーを抑えた方が
痩せる為には効果が早いです

しかし運動することで

①ストレス耐性があがる
②鬱(うつ)認知症の予防につながる

さらに3つ目として
③食欲抑制につながる

つまり、ダイエットで

「食べない、食べてはいけない」
と自分にストレスをかける
食事制限よりは適度な運動により
食欲は抑えられるのです

【まとめ】

・食事制限(ダイエット)を
 始める
   👇
・食べたいものが食べれない
 ストレス・・・
   👇
・運動することで
 ストレス解消+食欲抑制
   👇
・摂取カロリーが減っても
 筋量がへらずにメリハリ体形に
   👇
・ダイエット達成した自信で
 心に余裕ができる

 ⇒ゆえにその余裕から
 心も整うと言えるのです

コメントは受け付けていません。