日本酒の悪酔い防止にお勧めします

30代の頃、始めて飲んだ静岡県の銘酒「磯自慢」でそれまでの日本酒のイメージが180度変わった支配人の吉本です。

さて、お酒は適度に飲むとカラダに良いが、飲み過ぎるとカラダに負担をかけるのはご存知のことだと思います。

私の経験から言えば、醸造用のアルコールが添加されたいわゆる普通酒と呼ばれるお酒は飲み過ぎると悪酔いしやすいようです。

たしかに、純米酒やましてや大吟醸など、こちらも経験ですが毎年4月にある山口県新酒の祭典などで各蔵の大吟醸など、飲みまくっても、あくる日は酔いが残らないというか、むしろカラダの調子がいいぐらいでもあります。(あくまでも個人の感想です)

ですので、悪酔い対策には普通酒よりも純米酒を、できれば大吟醸を!という訳でもないのですが、二日酔いを防ぐ方法についてお話したいと思います。

そして我々の金雀(きんすずめ・堀江酒場の代表銘柄)も、いくら美味しい、そして世界が認めた銘柄(昨年、そして一昨年の世界ワインコンテストの日本酒部門で最高位を受賞)でも、やはり飲み過ぎればカラダに負担をかけてしまいます。

皆さんがご存知のように日本人はアルコールを分解する酵素が欧米人に比べれば少ないので相対的にお酒にはあまり強くないと言えます。
しかしながら、そうはいっても日本酒=國酒(こくしゅ)です。

日本酒の飲み方、作法も大事だと思います。

その一つが「和らぎ水」です。

お酒と水を交互に飲むことで、カラダにアルコール分が回るタイミングを遅らせるわけです。

と理屈は以上ですけど、どうですか?どうぜ飲むなら最高の日本酒に最高のお水の組合せができるのをご存知でしょうか?

先にも述べましたが金雀は世界が認めた銘柄です。そして又この錦町には名水100選に選ばれた水をボトリングした天然水があります。
それが「錦のおいしい水」です。

世界が認めた銘酒と日本で選ばれし名水の組みあわせ
このベストマッチをぜひ日本酒ファンには提案したいし、日本酒ファンを広げる一助にでもなれば嬉しい限りなのです。

正しい日本酒の飲み方というよりは、美味しい日本酒を楽しく飲むためには、もっともっと「やわらぎ水」の存在を知って頂きたいとおもっております。


山口の日本酒で辛口は?

20代の時に学園祭で、ほとほと日本酒を飲まされ
酔い覚ましに「お冷下さい」と頼んだはずのお水が
冷酒とはしらず一気に飲んで撃沈した経験のある
支配人の吉本です。

そんな私が何故、日本酒を語るかと言えば
30代になり静岡の「磯自慢」という地酒を
頂き、それまでのイメージが一変したからです。

さて

日本酒でよく聞かれるのが、「甘口、辛口」です
最近は磨き何分?なんかも聞かれますが、特に
年配の方に多く聞かれるのが「辛口ある?」です

私自身、山田錦の芳醇さが香るような
甘口派ですが、そうですねぇ~
早速、私評ながら地元の金雀(きんすずめ)から
行きたいと思います

まずは、甘口が多い中で辛口に属するのが、
金雀山廃仕込み、金雀 生酛(きもと)純米酒
です

いろんな方の評価がありますが、個人的には
生酛(きもと) 純米酒が金雀シリーズでは
一番の辛口だと思います。

そして岩国五蔵の中での辛口は
酒井酒造の五橋を押す人が多いですが
私は「村重酒蔵の金冠黒松」です

(村重酒蔵)

辛口好きの人には、こちらの金冠黒松が
お勧めです

このお酒、まるでボクシングで言えばボディブローの
ように、じわじわじわじわ利いてきます

そして山口県内で見渡すと
どちらかと言えば県内甘口が多い中
私の記憶の中では、防府の竹内酒造場の

「錦世界」です

辛口中の辛口
他にも、もしかしたらあるかもしれませんが
私の記憶が確かなら「錦世界」が一番の辛口

金雀どうよう希少性の高いお酒なので
なかなか手に入らないようですけどね










古くてもすたれない「古酒」

(久々の金雀応援志団です)

永く愛され続けるには、
年とともにコクが増すような

まるでウィスキーのような清酒が
在ります

長期熟成「秘蔵酒」

蔵出しのころは色もなく無色透明な清酒も
20年も経てば、綺麗な琥珀(こはく)色に
なります

たとえば、堀江酒場のお酒は、できたての清酒は
ある意味ワイルド、そして早ければ2~3カ月
約半年もたてば、落ち着いた本来の味になります

ここが、この蔵の特長で、長く置いても
腰が折れないというか
わかりやすくビールでたとえるなら
気が抜けないという感じです

日本酒ブームは来ても、まだまだ古酒の
ブームは来ませんが時代を越えて愛され
続ける銘酒「秘蔵酒」があります

このお酒こそが、13代続く(1764年から)
堀江酒場の伝統の技で仕込まれた
ビンテージ物です

長期熟成大吟醸20年1

トップブランドです

清流錦川・・・・

その流れ、その清らかさと豊かさを
兼ね持ち
まさに県内を代表する清流のごとく

県を代表するような清酒
そんな堀江酒場のトップブランドが

「清流錦川」です

平成20年には、山口県で
最優秀賞を頂き、そして全国では
金賞を受賞

その輝かしい評価は、蔵の一押しで
あることを物語ってます

名前の由来もさることながら、
その題字は書道家の岩見屋錦舟
(いわみや きんしゅう)先生の字

そして県内を代表する錦川のように、
「県を代表する清酒になって欲しい」
と現社長さんの強い想いから

「清流錦川」は商標登録され
他が真似できない味と誇りあるブランドを
築いてます

私も以前、この蔵の最上級酒
純米大吟醸「清流錦川」を頂きました

その芳醇な味、そしてキレもあり
かつ柔らかい、まさに堀江酒場の
技のすべてが注ぎ込まれた銘酒でした

清流錦川

お酒好きには、たまらない祭典

新酒発表会2015~山口地酒の祭典

年に一度の日本酒ファンには
たまらないお祭りがあと少しです

山口県内の19蔵があつまり、大吟醸を
始め、各蔵自慢の銘酒が飲み放題

ホント、お酒づきにはこれ以上ない
と言っていいようなお祭りなのです

2015新酒の祭典

さてさて、我「堀江酒場」も
自慢のお酒をもって参加しますが
実はこの祭典

新酒鑑評会も兼ねてます

県内の酒蔵でつくられたお酒に
「吟醸の部」 「純米の部」
そして「西都の雫の部」と3部門で
優秀賞、そして最優秀賞が
決まります

はじめて参加した時に
堀江酒場の金雀(きんすずめ)と
清流錦川は吟醸と純米の部で
優秀賞を頂きました

そして翌年の2008年
「今年は最優秀!だ」喜び勇んで
参加したものの・・・

その後、何度か優秀賞は頂く
ものの、最優秀の評価は
受けられず・・・・

お祭りの雰囲気は嬉しいのですが、

金雀の自称応援団長としては、
この鑑評会において何度も
なんども苦い思いをしてます

地酒維新

今年はどうなのか?

ぜひ、地元岩国でそのキレのある
芳醇な口当たり、そして硬水で
仕上げる腰のしっかりした造り

ぜひ、最高の評価を頂きたいと
切にせつに思っております

しかしながら、たとえ賞に
届かなくても、「金雀」
「清流錦川」「黒マイン」

これらのお酒が万人の方に
飲んで頂き、喜んで頂ければ
至極の喜びなのかもしれません

キレキレの日本酒「堀仙江輪」  一押しです!!!

何とも読みにくい銘柄かもしれません

「堀仙江輪(くっせんこうりん)」

コメは酒造好適米の山田錦をつかって、清流錦川や金雀のどのシリーズよりもキレがあるように感じます
まさに、日本刀のようなお酒です

ところで、この面白いとうか深い名前の堀仙江輪(くっせんこうりん)ですが、実は漢字4文字から仙と輪を抜くと堀江、つまり酒蔵「堀江酒場」の屋号となります。

そして、さらにこの屋号に込められた意味「男は仙人のように山をかけ仕事をし、女は輪を持って家庭を守り」と代々その意図する部分も継承されているようです

味わい深く、その銘柄の持つ意味も深く、そしてキレ味鋭い清酒

堀江酒場の中では、隠れたトップブランドといってもいいかもしれません

堀仙江輪

お勧め居酒屋「和wa」

たまにお客さんや知り合った方によく聞くのが、金雀(きんすずめ)てどこで買えるのですか?とかどこで飲めるのですか?と聞かれます

昨年、下関にオープンした居酒屋さんを紹介します

和wa

ご主人が日本海の仙崎港で粋のいい魚を仕入れ、手を施したまさに酒の肴(魚)と一緒に銘酒・金雀を味わう

ぜひ、下関方面へ行かれた方は足をのばし「居酒屋・和」さんへぜひどうぞ

金雀のライバル酒(岩国市内)

山口県内のお酒を一同に飲む機会「山口新酒の祭典」や東京で行われる「山口地酒維新」など何回か参加したことがある

その時に必ず心掛けているのが、試飲や利き酒をしながら、金雀のライバルとなるお酒は?と自身の舌と鼻で確かめるのである

そしてこのたびは県内というよりは岩国市内の中で「おぉ~、これは!?」と思う酒をご紹介したい

まずをもって挙げられるのが八百新酒造の「雁木(がんぎ)」
水際に命生まれるのうたい文句で、モダンな外観の蔵で仕込まれる清酒はスッと透き通るような、そして飲み当りがしっかりとしたつくりである

こと岩国、そして県内のお酒の代表格は獺祭(だっさい)だが、とくに首都圏ではこちら雁木を押すファンも多い

かくなる私も1ファンの一人だが、無濾過製法で作られる透き通った、そして重すぎず軽すぎずのいい塩梅の銘酒であることは飲むたびに感じさせられる

ライバル酒1

金雀(きんすずめ)の由来

よく「何と読むのですか?」と聞かれる
金雀(きんすずめ)と読みます

以前は一級酒、二級酒と呼ばれたころは銀雀(ぎんすずめ)という銘柄もありましたが、今はこの金雀のみです

さて、名前の由来についてですが
古来「雀」は、「神の使い」とされ崇められてきたそうです

そしてラベルには縁起物として、雀の絵に松竹梅の竹の絵が添えられています
清流錦川は日本の三大美竹林に数えられ、その雀と竹をあわせた絵柄が表現されています

杜氏が心を託す使者としてこの縁起を担いだお酒を贈って欲しいという願いが込められた清酒
思いのこもった銘柄です

金雀

黒マイン『湧泡(ゆーふぉう』というお酒

UFOではなく湧く泡と書いて「ゆーふぉう」と読みます

また、スパークリングタイプですがワインにあらず清酒
そしてこのお酒はビンの中で発砲させる瓶内2次発砲という堀江酒場の杜氏が持つ技術で微妙な圧力のかけ方が「技あり」の技術です。
圧をかけすぎると瓶が壊れ、弱すぎると発砲しないというワインにくらべ難しい技術が凝縮された逸品です

もちろん、黒マインの最大の特徴である黒紫米の成分が清酒にほんのりピンクがかった色は瓶の色は青でも中身は淡いピンク色です黒マイン