2019年1月5日(土) 神楽公演始まります

神楽ファンの皆さん
お待たせしました

毎年恒例の「冬の神楽」が
1月2月の毎週土曜日に行われます

迫力の舞をぜひ目の前で!

皆様のご参加お待ちしております

日時 2019年1月、2月の毎週土曜
   20:00から

場所 当館2階大広間にて

その他 地元の向峠神楽保存会と上沼田保存会が 
    交互に演舞致します

入場無料です


定期演奏会のご案内(毎月第1土曜・開催)

今年も残すところあとわずか

終わり近ければ始まるものも
ということで、毎月第一土曜日
定期演奏会を開催します

記念すべき12月1日(土)は
広島のエリザベト音楽大学
ジャズ同好会の皆さんです

音楽に浸るゆったりとした
週末を当館でお過ごし下さい

期日:12月1日(土)
場所:錦パレス会議室
時間:12:00~12:30
   15:00~15:30
   18:00~18:30 全3回
費用:無料

宿泊の方以外のご参加も大丈夫です


出会い~芸術の秋

紅葉シーズンも例年より早く終わり
冬の寒さが若干近づくようです

11月最後の週末
山口市から若い2人がわざわざ訪ねて
いらっしゃいました

最近は周南市でも若手有志の会
「つなかん」
正式名称は「周南の街を繋げて
感動・感謝を広げる会」

彼ら彼女らの活動を見てても
ホント若手の活動は「NO」がない

本日来られた2人も
やはり前向き

話を聞いていても
こちらが「やる気」をもらうぐらいです

来館された現代画家の鈴木さんの個展が開かれます

山口井筒屋 美術ギャラリー 11/29(木)~12/4(火)

COFFEBOY山口店
11/21(水)~12/9(日)

最近の若い者は・・・といっている
私以上の世代の人も、ぜひどうぞ

できれば彼ら彼女らの想いを聞いてもらいたい
です


2018年秋 当館周囲の紅葉情報 (11月8日更新)

11月8日(木) くもり

例年より1週間は早い見頃の時期となりました

11月4日(日) 快晴

今年は例年よりも3~4日程、見ごろが早いと思われます
毎年11月10日~16日頃ですが、今年は11月8日~12日頃が
そうづ峡温泉周辺では見頃となりそうです

真っ赤に染まった当館対岸の紅葉の様子です


温泉好きの方へ 岩国の温泉が半額で楽しめる「温泉パスポート」本日より販売です

毎回好評を頂いてます「岩国温泉パスポート」
今回で3回目となりました

秋の行楽シーズンにぜひ一枚、お湯、ロケーション、効能が
それぞれ違う温泉を入り比べてみては如何ですか?

利用期間:2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)まで

販売価格:大人 1,900円 子供 1,200円 (税込み)

販売場所:各温泉施設
     (深谷峡温泉 そうづ峡温泉 錦帯橋温泉 ゆう温泉)

(温泉パスポートは下記の温泉でご利用頂けます)

○そうづ峡温泉・錦パレス
そうづ峡温泉・元湯憩の家
深谷峡温泉・清流の郷
岩国国際観光ホテル
ゆう温泉


『11府県ふっこう周遊割り』がご利用頂けます

西日本豪雨で被災した山口県をはじめとする被災11府県は、観光庁が創設した平成30年7月観光支援事業補助金を活用し、風評被害の払拭ならびに周遊旅行喚起などを図る「11府県ふっこう周遊割」が開始されてます。

【割引内容】
山口県を含む11府県※に2泊以上した場合、お一人様一泊あたり最大4,000円の
補助が受けられます。
(※山口、広島、岡山、島根、鳥取、愛媛、高知、福岡、兵庫、岐阜、京都 )

【対象旅行期間】
8月31日(金)~11月30日(金)の宿泊

※補助金は申請順となり、各府県の予算上限に達した時点で終了となります。

11府県ふっこう周遊割り・豪雨復興キャンペーン


通常営業致しております (豪雨災害後の状況)

この度の西日本豪雨災害によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて
当館では7月8日(日)より通常営業を
行っております

しかしながら、当館までの交通状況に
一部支障が出ております

【鉄道】
錦川清流線 一部区間運休

【道路】
国道187号線 一部区間迂回あり
国道434号線 一部片側交互通行

尚、広島方面から益田行き高速バスでお越しの方は、
六日市駅(島根県吉賀町)まで無料送迎致しますので
お気軽にお電話下さい


6月16日という日

もう3年目になる命日
たった一人、自分を経営者として
尊敬してくれた人がなくなった日です

当時、和菓子屋の専務として活躍してた
彼女は3年前の今日 16時35分に
50歳の若さで旅立ちました

生前の頃を知っているだけに
あの明るさで病をわずらってたとは
今でも信じられません

そして今でも経営者としてまだまだですが、
3年前の自分を同じ経営者として尊敬して
くれたことが、ほんと彼女に申し訳ない

なぜなら自分よりすばらし経営者はたくさんいるし、
自分は人から尊敬されるような立場でもないし

そんな本当の自分を知らないで他界した彼女に
今でも申し訳なく思い、あの日から自分は彼女が
思ってた真の経営者になろうと志をたてました

それは、会社の売上向上や経営のスキル
人を動かす力、リーダーシップなどと
いうものではありません

自分が目指す真の経営者とは
人の痛みや悲しみがわかる人

振り返ってみれば、ほんの少し
ほんの少しながら近づけたか・・

多分、自分も自分の一生を終えるまで
このことを自身に問い続けると思います

また明日から彼女が思っていた
真の経営者に向けて取り組みを続けます