蛍の見れる宿でゆったり過ごす

日中は真夏日を思わせる暑さを感じます。
そしてもうすぐ梅雨に入りますが、鮎も解禁、そしてなによりも蛍のシーズンとなりました。

こんばんは
子供の頃、扇状の竹ぼうきを橋の上で大きく振れば、蛍がいっぱい取れた記憶がある支配人の吉本辰夫です。


子供の頃の蛍はカブトムシと同様、昆虫というイメージで何匹とるか?ということでしたが、大人になった今は初夏の風物詩でもあり、静かな光を体感できる貴重な時間でもあります。

我々と姉妹提携する一ノ俣温泉・観光ホテルは言わずと知れた「蛍(ホタル)の宿」
そして当館は、もちろん蛍は見れますが、6月約一ヶ月近くの長きに渡って見れるには理由があります。

当館周囲には大きく2つの河川(錦川・宇佐川)があり、こまかく分ければ4つの河川があります。
さらに、それぞれの河川では水温が違うことから、見れる時期も異なります

ちなみに
上旬:錦川
中旬:宇佐川
下旬:桜木川
が見ごろとなります。

ご存知のようにホタルは成虫になって約1週間から10日間とみじかい一生です。

しかしながら、ちょうどそれぞれの河川で見ごろがずれるので、長い期間見れるという訳です。

蛍が静かに光を発し、周りは川のせせらぎとカジカの鳴き声、いつまでもボーとホタルの光をながめていたいものです。

地域の人口は減っていけども、蛍の数、そして見れる場所は年々増えていってます。


もちろん、当館でも中旬ごろは部屋の中に蛍が入ってきたりと10年前に比べればだいぶ増えてきた感はあります。

この静かな初夏の風物詩、桜の時期の東京は上野公園のように飲めや歌えやでなく、しずかに時間が流れ、まるで時が過ぎるのを忘れさせるような、そんな感じのホタル観賞です。

最後にホタルの見れる宿
そうです、観賞会がおわって温泉に入り、静かに眠りにつけば、夢の中でも、もう一度蛍が見れるはずです

いつまでもこの天然のホタルが見れるよう、大切な清流とホタルが生育する自然環境を守り続けて行くことも我々の使命でもあります


一人旅の男性、歓迎です

群馬県にある万座温泉で仕事を抱えて一人ながら温泉宿に泊めてもらった、その時に記憶が今でも鮮明にのこっている支配人の吉本です。

まさかあの当時、スポーツクラブ産業にいた自分が飲食・宿泊業の世界に足を踏み入れるとは思ってもみませんでした。

私が泊めて頂いた宿は、ほんと一人の時間を大切にしてくれました。
料理もお部屋のドアの外まで持ってきてくれて、ドア越しに「食べ終わったら外に出しておいてください」とそっと一言。

食べ終わって外に出すと知らない間に下げてありました。

よく作家の人が温泉地で書斎替わりに温泉旅館を使うことがあります。
(例えば川端康成の雪国は越後湯沢の高半ホテルで執筆されました)

私は、本を書くわけではありませんが、当時は新年度の人の配置を考える為に仕事を持って泊めてもらい、頭が煮詰まると温泉へ

ヒノキぶろの内湯の底には湯の花がびっしり。
透明の湯が入ると湯の花が拡散され乳白色のお湯にかわる瞬間がまさに至福の時でした。

あの当時の記憶があり、私の仕事には定年はありませんが、いつかリタイアした時は、万座温泉でゆっくりと湯治がしたいというのがあります。

私自身もあの当時と違い今は宿泊を営む立場。


もし、自分と同じように仕事を抱えてこられ、そして温泉に何度も入りながら休んだり考えたりとそんなゆっくりと自分の時間が持てるような温泉宿を目指したいと思っております。


温泉を健康づくりに生かすには

こんにちは
県内で唯一人の温泉利用指導者の
吉本辰夫です。
(自慢に聞こえたらスミマセン)

前職がスポーツクラブ産業だったので
健康づくりには、かれこれ30年以上は
携わております

カラダを動かすことで健康が保てれば
自然の力(温泉)で健康がつくられる
ことはありがたいことです。

さて
温泉と健康がどのように関わりがある
のか?と言われればまずはカラダを温める
ことで新陳代謝が促進され、免疫力も上がる
「温熱効果」があげられます。

その他は天然のマッサージ効果であり
水圧で血行の促進を促す「静水圧作用」。

さらにお湯に入ることで
体重が10分の1になりのんびりとカラダを
伸ばすことで足腰が日ごろのストレスから
解放される「浮力効果」などがあります。

そして皆さんが気になる泉質で硫黄泉、含鉄泉、
塩泉、ラジウム泉、酸性泉、硫酸泉、炭酸泉
単純泉、重曹泉と大きく9種類に分けられる
薬効成分があります。

しかし
これらを求めて人々は温泉に来るのでしょうか?

多分、ストレスの解消も含めた気分転換、
そして「カラダにいい」というすり込みも
あり健康維持と未病(病気の予防)だと思います。

私たちも温泉に携わるものとして
これからも、より一層に皆さんの
健康づくりのお役に立てるよう
様々な提案をしてまいります

その一つが温泉を保養目的に
そして昔ながらの湯治の良さを残しながら
今にあった健康づくりの提案をする
「新湯治プラン」もご参考ください。


山口の日本酒で辛口は?

20代の時に学園祭で、ほとほと日本酒を飲まされ
酔い覚ましに「お冷下さい」と頼んだはずのお水が
冷酒とはしらず一気に飲んで撃沈した経験のある
支配人の吉本です。

そんな私が何故、日本酒を語るかと言えば
30代になり静岡の「磯自慢」という地酒を
頂き、それまでのイメージが一変したからです。

さて

日本酒でよく聞かれるのが、「甘口、辛口」です
最近は磨き何分?なんかも聞かれますが、特に
年配の方に多く聞かれるのが「辛口ある?」です

私自身、山田錦の芳醇さが香るような
甘口派ですが、そうですねぇ~
早速、私評ながら地元の金雀(きんすずめ)から
行きたいと思います

まずは、甘口が多い中で辛口に属するのが、
金雀山廃仕込み、金雀 生酛(きもと)純米酒
です

いろんな方の評価がありますが、個人的には
生酛(きもと) 純米酒が金雀シリーズでは
一番の辛口だと思います。

そして岩国五蔵の中での辛口は
酒井酒造の五橋を押す人が多いですが
私は「村重酒蔵の金冠黒松」です

(村重酒蔵)

辛口好きの人には、こちらの金冠黒松が
お勧めです

このお酒、まるでボクシングで言えばボディブローの
ように、じわじわじわじわ利いてきます

そして山口県内で見渡すと
どちらかと言えば県内甘口が多い中
私の記憶の中では、防府の竹内酒造場の

「錦世界」です

辛口中の辛口
他にも、もしかしたらあるかもしれませんが
私の記憶が確かなら「錦世界」が一番の辛口

金雀どうよう希少性の高いお酒なので
なかなか手に入らないようですけどね










雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)

普通なら水で石に穴をあけるなど考えにくい訳です。

いきなりなんの話???と思われるかもしれません

こんばんは、というか日付が変わってしまいましたが、
何とかブログが続いている支配人の吉本です。

四文字熟語 諺(ことわざ)など歴史や過去の偉人は
いろんなことを教えてくれます。

そんな中でも、この雨だれ石を穿(うが)つは、ちっちゃな
雨だれでも何度も何度も、千回も何万回も、繰返すことで、
硬い石にも穴をあけるというもの

要するに小さなことでも続けていけば成果に繋がる
もしくは繰り返し反復に勝の無しとも言えるでしょうね
説明するまでもありません

今さらながら、このブログを書き始めて、なんとか続けたい、
その為に自身を励ます言葉でもありませんが、本日のお題に
してみました。

でも
でも、やっぱり書き続けるモチベーションとなるのは、
多分読んでくれている方がいると思うからでしょうね!

「何故、ブログを書き続けるか? それはそこに読んでくれる
 人がいるから」

これですね!!

明日は、東京から発信します

(っていうか・・・日付変わったので正しくは明日でなく
 本日5月31日(金)ですけど)


お気に入りの一曲

 ボクシングの選手が入場する時にかかる曲や、
試合前にアスリートがヘッドホンで自分のモチベーションを
高めたりと音楽とスポーツは切っても切れない関係でしょう

また
気持ちが落ち込んだり、失恋などの傷心時などにも
音楽は心を癒してくれます

先日、集客を教えてくれるコミュニティーの先輩から
「WANIMA ともに 」を紹介して頂きました

先輩と言っても年齢は私の方が先輩・・・
世代が違うと聞く音楽も違うのかもしれません

かくなる私が中学時代からずぅ~と励まされ続けた
その曲は

・・・
・・・
・・・

浜田省吾のミッドナイトブルートレイン

これですね!!

浜田省吾(みんなは浜省っていってるが、ファンは
省吾やフルネームで呼んでいるはず)

最近は聴かなくなり、また音楽を聞くことさえ
忘れているような感じでした

イケませんね
ONとOFFをしっかり切り替えていかないと

ちなみにユーチューブでミッドナイトブルートレインと
検索してもコピーバンドばかり出てきます。

浜田省吾のファンなら3枚目のLPイルミネーションは
もっていますよね!
モチロン、私ももってますけど、この中に収録されている
「潮風の日々」
実は山口県の周防大島が舞台ということはご存知ですか?
(本人が昔、文化放送のセイヤングで言ってました)

この話、書き始めると長くなりそうなので
今日はここまで

浜田省吾のファンの方、当館に来られたら
いろいろとお話したいですね♪


温泉♨の効果効能とは

日本人は温泉好きな人種とも
言われます

日本に温泉はどのくらい
あるのでしょうか?

自慢に聞こえたらスミマセン
山口県でただ一人の
温泉利用指導者である支配人の吉本です

私自身、前職がスポーツクラブ産業であり
(セントラルスポーツ株式会社)
健康づくりは得意分野でもありましたので、
今度は温泉を使って健康へ寄与できればと思って
取得した資格です

さて
冒頭の温泉の数はグーグルなんかで調べれば
即わかることですが(2,983箇所)

温泉ってホントにカラダに良いのですか?

イエスかノーかで言えば
「からだに良いのですょ」となり
面白くもなんともな~いと思われるとお察しします

では、11種類ある泉質で何がいいのか?
カラダを温めると免疫力があがるなど
また、静水圧効果によるマッサージ効果
などなど

いろいろありますが、
一番の温泉の効果は、転地効果となります
(日本の温泉療法の第一人者である植田理彦先生も
 ことあるごとに言われてます)

転地とは普段生活している場所と温泉地とでは
気温や気圧や環境の変化が刺激となり、心や身体の
調子が整うことを言います

モチロン
夜は早く寝て、朝は日の出とともに目覚める
これなら生活習慣も整いますネ

当館など周りにコンビニもなければ、歓楽街もない
オンとOFFなら完全にオフの温泉地

この転地効果があるがゆえ、スーパー銭湯や健康ランドでは
得られない効果効能が温泉地にはあるんですね

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます
皆様方がいつまでも健康でありますよう願っております







一杯のコーヒー(珈琲☕)

みなさんは、一日何杯ぐらいのコーヒーを飲みますか?

こんばんは、支配人の吉本です

私は、平均すると一日に5~6杯
タバコは吸わないので、コーヒーは一番の嗜好品ですね

今日は何杯のコーヒーを飲むと痛風の予防になり
アルカリ性飲料なので健康に云々という
話ではありません

私にとってコーヒーは嗜好品でもあり
出会いのキッカケにもなるモノです

例えば、お酒が縁で見ず知らずの人と仲良くなれば
コーヒーを通じて知り合うこともあります

それを感じたのは、昨日泊られた方のように
一杯のコーヒーでその人の旅の目的が見えたり、
そこから話が広がりと
ホント嗜好品でもありコミュニケーションツールでも
ある訳です

本日は宿直明けで頭の重~い一日でした


一杯のコーヒーが頭の中をスゥーっと
スッキリさせてくれます

まさに気分転換にはもってこいの一杯です

もし、ここまで読まれた方
なんとなく珈琲、飲みたくなってきませんか?

最後までお付き合い頂きありがとうございます

嬉しいです


何故、ブログを又書き始めたか・・・

何故、またブログを書き始めたか???

それは、読んでくれる人がいるから。
(何故、山に登る~それはそこに山があるからだ)

たまにお客様から「ブログ読んでますよ」と
お声を頂く
どれだけ励みになることか。

しかし

喉元過ぎればなんとやら
やらなくなると、もうどうでもよくなってしまう

自分が書くのは読んでくれる人がいるからがモチロン
ですが、何かのきっかけになれば、少しでもお役立ちに
なれればこれに勝るものは無いと感じます。

3年前、チェックアウトされるお客さんに何気に
「今回はどのような目的で来られたんですか?」と聞きました。
実は、その方は自身の名前の由来を知りたくてこの地に
来られたのでした。

何のあてもない知らずの土地で探しようがなく
あきらめて帰る途中に私から話しかけられた訳です。

私「それなら、○○さんに聞けばわかるはずですょ」
 「今から電話しますから、ぜひ○○さんを訪ねて行ってください」

Aさん「ほんとですか?」

私「大丈夫ですょ、このあたりで〇○さんは知らないことが無いはずです」

Aさん、「もう、諦めて帰ろうと思っていたのに、ほんと嬉しいです」

こんな会話でした。

それから、Aさんはガンにり患し、大変な3年間を過ごされたようですが、
どうしても私(吉本)にお礼が言いたくて本日来館されました。

儲かる、儲からないは大事な事
でも、
人の役に立てる、役に立ったというこの感情は何ものにも
かえ難いです。

これがあるから、自分は今の仕事を続け、
そして、書き続けることをまた自身に課すこと
にしました。



ホタル鑑賞 6月1日(土)から始まってます

6月1日(土)から6月23日(日)までの夜20:00~21:00の時間帯でホタル鑑賞を行ってます。

毎夜、バスでホタルの穴場へご案内致します
さらに行き帰りの車中では、ホタルの豆知識や地元の観光案内、さらに一日車掌の登場などで決して退屈はさせません。

当館のホタル鑑賞は、期間が長いのも特長です
近隣の河川で、それぞれ一番見頃な場所へご案内するので、期間中はいつこられても、ホタルの乱舞が楽しめます。
そして、鑑賞するホタルはもちろん自然に生息する純天然のホタルです

きれいな水でないと見ることができないとされるホタルの代名詞「ゲンジボタル」を思う存分鑑賞してみましょう!