温泉と鉱泉との違いは?そして鉱泉でなくてはならないものとは?

1.温泉と鉱泉のそもそもの違いとは

わかりやすく言えば、大きな枠組みで言えば、鉱泉も温泉なのです。
しかし線引きされるのが、その湧出温度で25℃を境に、25℃未満が鉱泉、それ以上が温泉と定義されます。

広い温泉という枠組みの中で、温泉の温度で呼び方を変えているだけなのです。
ほとんどの場合、25℃以下の鉱泉でも、○○温泉と呼んでおります。
(ちなみに雙津峡温泉の源泉は22.1度で鉱泉にあたります)

湧出口の泉温により温泉か?または鉱泉か?に分かれる訳です。

ちなみに鉱泉を冷鉱泉と呼ぶ場合も多々あります。

2.温泉と鉱泉で効果効能に違いはありますか?

ハッキリいうと効果効能に違いは全くありません。

わかるかと思いますが、温度で呼び方を変えているだけなので、その成分(いわゆる薬効)による違いで呼び方を分けているのではありません。

さらに、温泉法というところの定義によれば、湧出温度が25℃以上、もしくは温泉法で定められた規定以上の温泉成分を満たしていれば『温泉』と定めています。
ま、結構ゆる~い法律なのですが、雙津峡温泉の泉温は22.1度ながら、温泉法で定められた成分を満たしてるので温泉なのです。

温泉か?鉱泉か?をこだわるよりも、源泉掛け流しか?循環か?とか、酸性泉か?アルカリ性の温泉か? 禁忌(きんき)症は何か?など気にされて入られた方がいいと思います。

3.温泉よりも鉱泉の方がのぞましいものとは?

ずばり言えば「飲泉」です。

例えば、飲泉は原則垂れ流し状態でないといけません。
ですので溜った温泉水を飲むような場合は、通常飲泉許可は下りず、垂れ流し状態でたえず新鮮な温泉水でないといけません。

つまり浴用で言えば、掛け流し
飲用の場合は垂れ流しで新鮮な温泉水を飲める状態でなければいけないのです。

もうなんとなくお解りだと思いますが、鉱泉が飲泉に優れる理由は、30度の温泉水を飲めますか?

放置して冷ませば、飲用に適した温度になるかもしれませんが、鮮度は落ちますし、いわゆる温泉成分が気化したりで効果も薄くなってしまいがちです。

これらの理由から、飲泉にはやはり温度で区別した場合の鉱泉(冷鉱泉)が、飲泉に適していると言えます。


0円でできる健康づくりが、あるんです

ここのところ温泉ネタが続きましたので、本日のテーマは「健康」についてです。

よく健康を語る時に大切な3つの要素(定義)ですが、これは
①運動
②栄養
③休養

です。

言い換えればカラダを動かし、そしてバランスよく食事をし、そしてしっかりと睡眠をとると言ってもいいでしょう。

しかしながら、あまりにも広義すぎるので、もう少し日常生活の中に絞ってお話したいとおもいます。

本日のテーマは
「お金をかけない健康づくり」です

1.健康と言ってもそれは大きく肉体的な健康と精神的な健康に分かれます。

一般的には肉体の健康、つまりトレーニングして筋力を向上させたり、ウォーキングやランニングで心肺機能の維持向上を試みたりとこれらはいわゆるフィジカルトレーニングに類します。

一方、鍛えにくいというか、数値化しにくいのが精神衛生上の健康、これこそがメンタルヘルスというものです。
よく、メンタルがやられた とか人間関係の悪化がメンタルに影響しなど、メンタル疾患の患者は今や400万人弱ともいわれてます。

つまり、この2つが両方満たされて、はじめて健康といえるわけです。

2.一般的な3要素は運動と栄養と休養のこの3つが大事と定義されてますが、あまりにも広義すぎます。

確かに、まちがいではなく正解なのですが、では運動なら何を何時間、歩くのなら何時間なのか?何キロなのか?とか、食事なり最近は糖質制限が盛んに言われ、三食における3大栄養素のバランスはどうなのか?などもわかりにくく、さらに休養に関しては、ただ寝ればいいのか?睡眠の質は関係ないのか?など様々な疑問が出てきます。

この運動・栄養・休養については、インターネット上でも様々な情報がありますし、テレビでも健康をテーマにした番組も続いてますが、でも、ですが日本の人口はこれから減少傾向にあるのに、先ほど述べました精神疾患の400万人は減る様子がないのはどういうことでしょうか?

そこで、私は過去10年近くやってまいりました山代健康大学(健康をテーマにした市民サロン)で首尾一貫して言い続けたことがあります。

それは
①人と話すこと
②笑うこと
③外出すること


の以上の3つが、私が言う健康の3要素、つまり日常の健康づくりの3つの定義はこれだ!と言えます。

3.話すこと、笑う事、外出することは基本0円

確かにそうです
運動するにもシューズやウェアが必要だったり、フィットネスクラブなら月会費など。
食事もコストがかかるし、エンゲル係数がというようにやはりお金がかかります。
なら、寝るのはただと言えますが、寝る場所や寝具にもコストは発生します。

しかしながら、どうでしょう
話す、笑う、外出するはいくらでしょうか?

もちろん、それぞれにコストは発生するかもしれませんが、例えば某マクドナルドのメニューにあるのは

スマイル0円

なので、ちょっと意識するだけで健康になれる
それも肉体的な健康ではなく、数値化しにくいメンタル面の健康を満たせるとすれば、やらない手はありません。

もし、皆さんが表現は悪いかもしれませんが、安価で気楽な健康づくり、それもメンタルヘルスをよくするのであれば、早速やってみることをお勧めします。

もっとこの国にも欧米のように、「自分のカラダに投資する」という考え方がひろまることを心から望みます


中国・四国地区、掛け流し温泉ファン集いのご案内です

直前のご案内となりますが、今週末の7月13日(土)に温泉の達人でありフォトグラファーの中野一行氏によります温泉ファンのOFF会が開催されます

名付けて

「冷鉱泉の名湯を訪ねて」



中国・四国かけ流し温泉ガイド&メモ(ザメディアジョンより発行)の著者、中野一行氏と中国地方の名湯(冷鉱泉:源泉の温度が25℃未満)を訪れます。

中国四国の数多くの温泉を取材しそして体感してきた中野氏が選りすぐる、かけ流しの名湯をトークを交えて楽しんでみることをお勧めいたします。


当日は、湯の山温泉(広島市佐伯区)を皮切りに、木部谷温泉(島根県吉賀町)、はとの湯荘(島根県吉賀町)そして我がそうづ峡温泉・元湯憩の家(山口県岩国市)を巡ります。

尚、参加者は中野氏の著書「中国・四国かけ流し温泉ガイド&メモ」をご持参の上、事前にメッセンジャーか中野氏のフェイスブックへコメント頂ければ、ご本人より詳細についてのご案内があります。


温泉ほど、カラダにうれしい健康法はありませんので、興味ある方はぜひこの機会にどうぞ!!

中野氏のフェイスブックは下記です

https://www.facebook.com/onsenphotographer/posts/131608014696135


天然温泉と温泉は違うのでしょうか?

よぉ~く、「天然温泉」っていう看板を目にすることはありませんか?

(写真と本文は関係はありません)

これってちょっと考えれば不思議な事ですが、われわれはすべての温泉は天然温泉(自然に湧出、もしくは掘削して湯船に供給するもの)と解釈しますが、健康ランドやスーパー銭湯、もしくは都心部の温泉なども、先の「天然温泉」の看板を掲げているところが多いようです。

さて
いいか?悪かい?というよりも、まず温泉の定義から入ります。

①源泉の温度が25℃以上

②温泉法で定められた成分が一つ以上基準値を満たしている

このどちらかに該当すれば、温泉です

では、天然温泉は?といえば
自然に湧出(湧き出ている)や掘削(掘ってポンプアップするなど)された温泉が、上記の①ないし②を満たしてると定義できます。

なので、人工的に成分をつくりだしている温泉、たとえば健康ランドやスーパー銭湯などの多くが該当するようです。
また、天然温泉なら入口に成分分析表がありますが、人工温泉にはないはずです。

ま、もっとも魚屋さんを例に挙げれば、店先に並んでいる魚でも「天然の取れたてピチピチの真鯛が本日入荷しました!」とうたっていても「養殖の〇○湾で育った取れたてピチピチの・・・!」とわざわざ養殖とうたわないように温泉でも、天然温泉とうたっても人工温泉とはうたわない訳です。

どちらが効果効能があるのか?と言えば、温泉の成分よりも、やはり転地効果(※1)、つまり自分が住んでいる場所と違った場所でお湯に入ることで、カラダに及ぼすプラスの効果が一番大きいと言えます。

そんな意味でも、我々田舎で生業をしている者が、都会の健康ランドやスーパー銭湯へ入ることで、いわゆる転地効果を得らえるのかもしれません。

みなさん、温泉を選ぶなら、やはり非日常の環境下にある温泉を選びましょう!
そしてできれば、天然温泉がお勧めです


※1:転地効果・・・例えば高い山に滞在した場合、気温や気圧の変化により呼吸器系の運動や血行が盛んになります。
このように環境の変化が刺激となり、心や身体の調子がいい方向へ整うことを言います。


なぜ、温泉の中でいいアイディアが浮かぶか

皆さんが、考え事(悩み事ではありません)やアイディアを練る時など、どこを利用しますか?

最近はカフェ、特にスターバックスなどが多いように感じますが、仕事や考え事をするには、ある意味カフェは向いているのかもしれません。

さて、本日はそんなカフェ以上にアイディアが生まれる場所をご紹介したいと思います。

それは、ズバリ

『温泉』です

「なぁ~んだ、手前ミソで結局は温泉に来いっていうことかぁ~」と思っている方、それにはそれなりの理由があるんです。


そしてそれは家庭のお風呂よりは銭湯、さらに銭湯よりも圧倒的に温泉なのにはちゃんとした理由も存在します。

さて、その理由を一つ一つ説明していきたいのですが、なぜ職場のデスクよりも、カフェが良くて、そしてカフェよりも温泉がいいのでしょうか???

まず、考えてみれば職場には、いろんな考える時間を寸断したり、アイディアを練りにく環境があります。

例えば、電話や来客、部下や同僚などからの相談や報告があれば聞かなければなりません。
また、時にはクレームなどがあったりとなかなか考えるにいい環境は言い難く、さらには書類の山はストレスでもあります・・・

なので、職場はイイようで裏返せば作業をするには向いていても、考え事をするには向いてないのかもしれません。

さて、前置きが長くなりましたが
なぜ温泉がいいのか?ということですが、いいアイディアが浮かぶ時と言えば、カラダもリラックス状態にあり、頭の血流もスムーズな時だと言えます。

つまり、温泉に入っている時は力も抜けてリラックスしたイイ状態であることは、みなさんも想像できると思います。

また、温泉地に行くということは、職場を離れることにもなるので、周囲の目や人間関係も気にならず、集中できます。

そして途中でも述べましたが、家庭のお風呂<銭湯<温泉というのは、浴室内の大きさにより、リラックスしているときの脳波「α(アルファ)波」の増幅度合いが違ってきます。

さらに最後は、銭湯よりも温泉というのは、場所が変わることにより得られる転地効果が家庭のお風呂や銭湯には無いということです。

お風呂に入るという行為は、温熱効果、静水圧効果、浮力効果などあるわけですが、場所が変わることでカラダが本来のリズムを取り戻してくる転地効果は、家庭のお風呂や銭湯にはないことなんです。

つまりカラダも頭も完全リラックスで、今までにないグッドアイディアが生まれる確率はより数段高くなりますね!

ここまで読まれた皆さんも、たまのお休みや週末、時間があれば温泉地で物思いにふけってみるのも、いいアイディアがうまれるキッカケになるかもしれませんよ。

温泉地で生まれるグッドアイディア!でした


飲める温泉水を使った珈琲(コーヒー)


温泉とは入るだけのものと思っている方は多いと思います。
そうづ峡温泉では、温泉に訪れる方の健康増進の一役を担えればという想いで、 2012年の12月に飲泉許可をとり ました。
(そうづ峡温泉「元湯・憩の家」:山口県岩国市錦町深川3132)


特にこれからの季節は冷やすとイイのですが、源泉の温度があがり、若干なまぬるくなると、もしかしたら苦手な人がでてくるかもしれません。

ま、ここは「良薬口にして苦し」ということで、カラダに良い温泉をカラダの中に入れるので、薬と同じとも言えるでしょう。

もちろん飲泉所では、地下1,000Mから噴き出す天然温泉が、毎分120リットルもでております。

浴槽ならば源泉掛け流しですが、この飲泉所の場合は常時、蛇口を開栓状態にしておりますので溜った温泉水ではございませんので安心して飲んで頂けます。

さて
そうはいっても、これからの季節、常温が苦手という方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめなのが、当館と日帰り温泉施設の元湯憩の家でお出ししている温泉コーヒーです。

これならば、常温の温泉水でも煮沸して淹れるので違和感ないどころかコーヒーですので気にもなりませんし、なによりもコーヒーがまろやかになり、美味しいと好評を頂いてきました。

そして、先ほど申し上げましたが、カラダに良いものを口から入れるということは、当温泉のペーハー(酸性かアルカリ性かを示す値)は、PH7.65と弱アルカリ性でアルカリ性飲料のコーヒーとの親和性もバッチリ。

さらにもう一つ言えば、温泉の効能のひとつである酸化(身体がさびるようなもの)を抑えるということです。
よくファミリーレストランなど長く入れてあるコーヒーは酸味を帯びますが、当館の温泉水で淹れたコーヒーは一時間近くたっても酸味が感じられません。


どうでしょう
この温泉コーヒー

ちょっとまとめますと

・カラダに良い水(温泉水)をつかっている

・アルカリ性飲料の代表であるコーヒーと弱アルカリ性の温泉水の親和性がよいこと

・温泉の効果であろう酸化を抑えることが、コーヒーを淹れて時間がたっても酸味がでにくい(もちろん淹れたてがお勧めです)

とこんなイイことだらけの温泉コーヒーです。

もちろん私も毎日飲んでますが、目立った体調の変化があるか?どうか?は毎日飲んでいるのでわかりません。

ですけれども、私の家内なんかは、以前に頭痛がした時、温泉コーヒーを飲んだら痛みがスゥーと引いたと言っております。

ま、あくまでも本人の談ですけど、一つだけ自信を持って言えるのは、気分転換には最高の一杯であるということです。


雨ニモマケズ、西日本豪雨災害にも負けず!

大した雨が降ってないのに、昨年7月7日の西日本豪雨災害でやはり山の斜面が緩んでたのか? 土砂崩れで国道434号線が約一週間の通行止めとなりました。

申し遅れましたが、徳山と岩国市錦町の片道約50分を車通勤しております支配人の吉本です。

昨年は2ヶ月近く、国道434号線がひどい時には4か所、その後も2か所、そして現在は1カ所が復旧工事で片側通行となっております。

また、余談ながらこの国道434号線は、私が片道約45キロの中で、都合2か所で国道ながら携帯電波の届かない区間が、それぞれ約10キロほどあるという驚くべきというか?えぇ~??という道なのです(国道ですけど・・・)

とこんなあんなの状況でみなさんもいろいろとご想像されるとは思いますが、昨年の2カ月近くの大きく迂回しなければいけない通勤状況はホント心身に負担をかけました。

そして、またあの一年前と同じ状況か・・・・と思うと気が沈みます。
心身共にきついだけでなく、夏休みシーズンの主要幹線(R187号線とR434号線)の土砂災害での迂回。
また、鉄道も途中バスに乗り換えての当館までのアクセスと客足にも大きく影響しました。

また、秋になっても風評被害も残り、なかなか客足が戻らず、ようやく昨年の11月中旬ごろ例年並みに戻ったと思ったら、すぐ冬に突入。
暖冬だったものの冬は雪(大して積もったり降ったりはしません。海抜100M程なので)の影響を懸念して客足は先細ったまま・・。とどうしてもイヤァ~なイメージが頭をよぎります。

ほんと観光産業がこれだけ天候に振り回されたのをイヤというほど感じた1年でした。

なので今年は大丈夫だというなんの保証はないもののの、雨にも負けない、それでいて温泉に行きたくなるような事を考えてきました。

また詳細は週明けにお伝えできると思いますが、今は気持ちで負けないよう自分を鼓舞しております。

「やったるで~!!」


雨の日の紫陽花(あじさい)

7月になり、雨が続くと昨年の7月7日の豪雨災害の事がどうしても頭をよぎり、不安をかんじてしまう支配人の吉本です。

さて
本日のお題は、似合わないなぁ~と思っている方、へぇ~そんな一面もあるのか・・と感じる方、様々だと思います。

冒頭でも書きましたように、雨がふると、そして天気予報で外出は控えて下さい。河川には近寄らないでください。と耳にするとどうしても昨年の主要な国道が土砂崩れにより、当館までのアクセスが寸断され、夏の繁忙期が夏の閑散期となってしまった苦い思い出が脳裏をよぎってしまいます。

毎日、不安が少しずつよぎりながら片道車で50分を運転してくるわけですが、今日ふと視界のなかに入ってきたのは、川の対岸の色鮮やかな紫陽花(あじさい)でした。


何度も何度も通っている道であんなにきれいな紫陽花が群生しているとは気づきもしませんでした。
紫陽花と言えば6月のイメージで、7月はアサガオ、8月はひまわりと頭の中にあるだけに、この時期に色鮮やかに咲き誇る紫陽花はホント目に鮮やかでした。

な~んで今まで、気づかなかったのだろう・・・

普通、雨の日を好む人は少ないと思います。
むしろ、旅行や外出には雨は億劫なものだと思います。

でも、逆に雨だからその存在を際立たせるモノもあるわけです。

自分の大好きなシンガー、浜田省吾の歌にもあります
「6月の雨のしずく、紫陽花の花、北鎌倉、横須賀線のプラットホームに・・・♪」と

雨と紫陽花は切ってもきれない関係が歌からも感じられます。

紫陽花を見て思ったのは、
人が敬遠する、どちらかと言えばネガティブになりやすい雨の時期に、雨だからこそ綺麗に咲き誇る花がある

そうなんです。
昨年の豪雨の不安を案じるよりも、雨だからこそ、逆境だからこそ存在感の示せる自分、そして温泉宿泊施設になれればと通勤途中の紫陽花を見て気づきを得た次第です。


ウォークビズに適した靴とは?

本日、山口県の健康増進課から「やまぐちウォークビズ」スタートアップフォーラムのパネルディスカッションにオファーを受けた健康という言葉に人一倍アンテナの高い支配人の吉本です。

さて
ウォークビズという言葉はご存知でしょうか?

(☞ウォークビズとは歩きやすい靴や服装で通勤・通学する新しいワークスタイル)だそうです

この通勤・通学スタイルを山口県でも浸透させていこう!というキックオフイベントが7月25日(木)山口市で開催されます。

当日は県知事も交えて「企業内健康づくり」と題しましてトークセッションがあり、それに登壇して欲しいとの依頼でした。

さらに、当日はウォークビズで来てほしいということで、さぁ~て今からどんな靴(シューズ)を履いていくか?ワクワクしながら思案しております。

ちなみに、日本人の足型は甲高幅広で、海外のメーカー(例えばナイキ、ニューバランス、アディダス)などは極東バージョンといって日本国内の市場に展開しております。

メーカーによってサイズなどは若干違いがあるようですが、自分に合うメーカーもあるはずです。

ここからは私見ですが、やはり日本人の足を一番考えているのはアシックスでしょう。
7月25日のやまぐちウォークビズには美津濃さんがシューズメーカーとして来られるので、声高々には言えませんが、自身が試してきた中ではアシックスが一番フィットしました。

もちろん同じ国内メーカーであり、今回参加される美津濃さんのランバードも私は試したことはありませんが、ニューバランス同様、軽さと柔らかさが特徴なので、私は女性によくランバードとニューバランスを薦めてました。

アディダスやナイキはあまり足に合わず、またランニングシューズでアシックスと言ってもスカイセンサーシリーズは足に合わなくってもターサーはピッタリだったり一概にメーカー一つでは推し量れない部分もあります。

シューズ選びは夕方以降がいいとか、しっかり踵(かかと)がホールドされているのがいいとか、いろいろありますができれば詳しい店員さんがいるお店で選ばれることをお勧め致します。

7月25日(木)は、会場(セントコア山口)におりますので、シューズ選びなどお声がけ頂ければ、相談にのりますので
もちろん、無料です(👈当たり前ですど)


7月1日、富士山の山開き

いよいよ2019年の後半戦がスタートです。
今年一年を語るには、この後半戦(7月1日~12月31日)までが大事になります。

何故か、不思議と燃えている支配人の吉本です。

最近はほとんどテレビを見ないのですが、ニュースで7月初めの風物詩的に「富士山の開山」が報道されてました。

日本の象徴でもあり、やはり一番は一番で目立ちます。

日本で2番目に高い山
日本で2番目に長い川
日本で2番目に???

一番はわかりますが、2番目は目立ちません。

思えば、自分は今まで2番になれば「よくやった!」となんとなく満足している感がありました。

記憶をたどれば凧揚げ大会、トライアスロン、駅伝やロードレース、そしてライバルとの競泳で50M自由型の勝負などいっつも2番でした。

2番で満足しているから、その上やその先は手に入りようがない訳です。

7月1日の富士山開山をふと思い、自分は何の頂上を目指すのか?

それは何の為?
そして誰の為?

これこそが「志」
それこそが「夢の原動力」であると、自分の支持する方から教わりました。

読んでいる方は「ハァ??」という方も多々いらっしゃると思いますが、少しでも「この支配人熱いね~」と思ってもらえればちょっと嬉しいです(^^♪