やまぐち総合ビジネス・メッセ2015

県内のものづくりを始め、様々なサービス
業種業態を問わず多くの企業や団体が集まる
ビジネスメッセに行ってきました

そもそも、行ってみよう!と思ったのは
今回の催しの中で西京銀行が主催する
S1グランプリ、ファイナリスト達の
プレゼンががあったからです

今回参加された8名中、4名が知り合いです

和田さん(S1-1)

皆さん、それぞれの立場からの提案というか
想いを込めてのプレゼンは引き込まれます

8名ともに共通して感じたのは、まずこの山口を
拠点に頑張っていこうとされていることです

さらに、山口の資源を使い、掘り起こし
またその良さを様々なメディアを使って
発信していこうとされているところです

自身も宿直明けで、眠たいながらも、熱き
プレゼンテーターの想いに触れ眠気も
吹っ飛びましたょ!!

さて、お昼を過ぎたものの200社以上が揃う
各社出展ブースは、ホントおもしろい!

スミヤコーヒー

漆喰キューブオブジェ1

珪藻土バスマット

岸根栗マーマレード

スミマセン
説明するとホント長くなってしまいますが
でもこの展示会に参加し率直な感想は

「山口 凄し!」

そして
「おもしろい!!」です

全国、いや世界に向け情報発信している
中小企業など、驚くような技術を持ってます

いつかは、弊社も素晴らしい技術を持った
企業と交わりたいですね


古くてもすたれない「古酒」

(久々の金雀応援志団です)

永く愛され続けるには、
年とともにコクが増すような

まるでウィスキーのような清酒が
在ります

長期熟成「秘蔵酒」

蔵出しのころは色もなく無色透明な清酒も
20年も経てば、綺麗な琥珀(こはく)色に
なります

たとえば、堀江酒場のお酒は、できたての清酒は
ある意味ワイルド、そして早ければ2~3カ月
約半年もたてば、落ち着いた本来の味になります

ここが、この蔵の特長で、長く置いても
腰が折れないというか
わかりやすくビールでたとえるなら
気が抜けないという感じです

日本酒ブームは来ても、まだまだ古酒の
ブームは来ませんが時代を越えて愛され
続ける銘酒「秘蔵酒」があります

このお酒こそが、13代続く(1764年から)
堀江酒場の伝統の技で仕込まれた
ビンテージ物です

長期熟成大吟醸20年1


嫌な人、絶対に許せない人

以前は、この人(コイツ)だけは
絶対に許せない人が、5人いました

といきなり何の話・・・?

ま、いまでもそうですが
好き嫌いが激しい性格なので

絶対に許せない(殴ってやりたい)人が
以前は5人いたということです

肩痛3

くだらないことブログに書くな!と
思われるかもしれませんが、もう少し
読んで下さい

実は、どうしても許せない人が
以前は5人、そしてその中に
ど~しても許せないのが一人

しかし

先日、ある人と話をしている時
その人の話になりました

以前は、顔も名前も絶対に忘れ
なかったのですが、ムムゥ~

思いだせません
(痴呆ではありませんので)

あれだけ憎たらしく
自分だけが受けた屈辱ならまだしも
自分に関わる人も受けただけに

モチロン
今でも、絶対許せないのですが
(某商工会議所の○○指導員)

嫌いな人 イヤな人

つまり
だんだんと、どうでもよくなっているので
記憶から薄れていっているのかもです

何故、そうなったか?を考えると
自身に影響力を与える人曰く

「軸を未来に!!」

過去にこだわるのではなく
過去を原因ととらえ、将来において
何をすべきか?

多分、嫌な人、許せない人は
今の自分に足りないことを気づかせてくれる
人だと思います

(軸が今なら、コイツこんちきしょう!ですけど)

その嫌な人も言葉をかえれば、自分の写し鏡
類は類を呼ぶで、自分の中にある改善されない
何かが、嫌な人を呼びよせて

「気づけょ! それが今の、今までの自分だぞ」と
人のふり見て我ふり直せ!なんでしょうね多分

一歩前進かも?
イヤ、まだまだでしょう (^^;)


いつも心に花を

昨日は、自身の51回目の誕生日でした

多分、みなさんも私ぐらいの年齢になると
歳をとることに喜びは少なく、むしろその逆を
感じられるのではないでしょうか?

フェイスブックでも多くのお祝いメッセージを頂き、
若い従業員からもお祝いを言われると
これも又嬉しいことです

そして昨日は、今までの誕生日とは何かが違う
「歳をとって、やだなぁ~」ではありませんでした

そう、両手万歳の嬉しさでなく
素直に嬉しく感じることがありました

それは、家に帰ると玄関に
バラの花が飾ってありました

バラ

以前は花なんて、好きでもなく
「男が花かよ××!」のような感じでした


多分、結婚して(記憶が確かなら)
ほとんど花など飾ったことのない家内です

しかし、昨日は玄関に花が・・・
ちょっとしたことでしたが、雰囲気が違いました

そして、花なんか・・という自分に
思い出させてくれるこの言葉

「吉本さん、いつも心に花を」

これは自分が目標とし、尊敬する
ネクシィーズの近藤社長からの言葉です

近藤社長と

若干38歳で一部上場企業にまで
会社を成長させた近藤社長

初めて会った時はさぞ、素晴らしいそして
深い言葉を頂けるのか?と思いきや贈られた言葉は

「いつも心に花を」

正直、大社長の言葉にしては拍子抜けでした

しかし
あのHISの澤田社長も、創業時の
苦しい時も、常に常に明るかったと聞きました

そして
自身に最も影響力を与え続ける方いわく

「部下がダメと嘆く前に、そりゃ社長がクソだから、
クソのハエしか集まってこないんでしょ」

「もし、社長が花だったら蝶やミツバチなど
たくさん集まってきますよ」と
(この話は、よく家内が私にします)

な~るほど
近藤社長の言われた言葉の意味が、自身の
誕生日に飾ってあった花からつかめてきました

そして花が咲くには、いい土や肥料
そして水と太陽の光

つまり、会社経営において「土」とは何か?
肥料とは?水とは?そして日の光とは?

一昨日の西京銀行の平岡頭取の話は
もしかしたら、日の光かもしれません

玄関に飾ってあった花が
自身の51歳の節目に大切な気づきを
与えてくれました


限界突破セミナー

ここ一週間以内に、山口市へ3回も!
2日に一度は山口市を訪れていることに
なり、自分でも驚いてます

そして先日は午後に小郡(おごおり)で
打合せ

そして夕方からは、主題のセミナーへ
参加しました

メインスピーカーは西京銀行頭取
平岡英雄氏

ファシリテーターは中司祉岐氏
(なかづか よしき と読みます )

脱銀行

銀行がどのようなものか?
お堅く、非効率なといったら失礼ですが
そのような銀行独自の在り方を変えて行った
お話でした

平岡頭取

さて、頭取の話もさることながら
第2部での中司(なかづか)さんの
斬り込みも圧巻です

平岡VS中司

そこまで聞いていいの?と思うような
踏み込んだ質問の数々

こちらが聞きたいことをすべて代弁して
頂き、またそれに答える平岡頭取も
また見事!

全国頭取ランキングのトップ10入りをされ
山口県の半沢直樹といわれる平岡氏

やっぱり持ってられるというか?
短く端的な回答のすべてが腑に落ちます

そして何よりもオーラがない!

通常、銀行の頭取たるもの
みなさんのイメージは如何でしょうか?

多分、黒塗りの車で出勤し、社長室ならぬ
頭取室には大きな机に革張りの椅子・・・

しかし
そのようなイメージをも連想させない
全くの庶民派頭取

私の知る人で、スゴイけれでも全く
オーラを感じさせない人がいます

この方も又その一人でした

良い出会いでした
そして、二次会までお付き合い頂き
ほんとありがとうございました


山口県の観光

ねんりんピック(65歳以上の国体)で
多くの方が県内に訪れています

他県の方からすると山口県は
どのように映っているのでしょうか?

ちょっとここで観光データがありますので
ご紹介します

○認知度    44位
○魅力度    34位
○観光意欲度 40位 

(地域ブランド調査2012ハンドブックより)

データは3年前のものです。

今や萩が世界遺産に選ばれたり、
大河ドラマ「花燃ゆ」で
当時よりは上がっているはずです

47都道府県でここまで低かったとは
正直驚きです・・・

当面、目標は20位以内

ということで、明後日21日(水)に
大阪で「おいでませ山口、情報発信会」が
行われます

昨年は出席させて頂きました
このような取り組みが今後少しずつ
実を結ぶのかもしれません

その良い例が東京で山口県酒造組合が
行っている「山口地酒維新」

今やチケットの入手が困難なぐらい
山口県の地酒ブームの火付け役です

今回のねんりんピックの選手の方が
どのようなイメージを持たれたのか?
気になるところですが

「また来たい!」と思って頂くには
月並みながら最後は「人」と
いったところではないでしょうか?

住めば良いところなんです

そして、その魅力発信の一助になれるよう
これからは、このブログでも観光情報発信
していきます

フグ


岸根(がんね)栗 やっぱりスゴイ!!

明日(10月12日・月祝)の岸根栗販売会の為、
岩国市美和町にある大根川観光栗園に
行ってきました

この栗の特長はまず、半端なく大きいことです
一粒が30グラム以上ですょ

栗ともみじ-16460

さらに冷蔵すれば、最大で一年間の保存ができ
そして甘みも増します

と、ここまでは私も知ってましたが
初めて観光栗園にいって又ビックリ!!

栗のイガの大きいこと
まっ、そうですよね

中身が大きければ、イガも大きいのは
当たり前・・・・

岸根栗1

そして何よりビックリが
岸根栗が枝から地面に落ちるときの音

通常は「ポト・・」のような感じですが
岸根栗は「ドサ!ドカ!」なんです

ほんとこの落ちる音には驚きました

こちらの大根川観光栗園は10月14日(水)より
オープンですが、開園に先立って子どもたちが
沢山拾ってました
岸根栗と子ども1

秋空のもと、ほんと家族での栗拾いは
ほのぼの感いっぱいでした

秋は、とかく松茸が味覚を代表しますが
子どもたちの嬉しそうな表情からは岸根栗の
存在感と好奇心度は松茸以上でしたね!

自分は栗拾いはしませんでしたが
気分は子どもたちと同じように
ホンノつかの間、童心に帰れました

栗園の皆さん
「ありがとうございました」

岸根栗の収穫1 - コピー


第87回山代健康大学(匹見峡温泉やすらぎの湯)

今まで、県外での開催は2回
(広島市佐伯区の砂谷牛乳と
 廿日市市吉和町のクベェーレ吉和)

しかし、今回は初の島根県開催で
場所は益田市匹見(ひきみ)町です

ホントのどか
シンボルの信楽焼のタヌキが迎えてくれます
20151008_やすらぎの湯シンボル

以前に一度来た事がありますが、
ちょうど10月の暑くもなく寒くもなくの
秋晴れの日
施設内のグランドゴルフ場の緑も映えます
20151008_やすらぎの湯グランドゴルフ

さて、この度の匹見町は日本で
最初に「過疎」という言葉がでた町ですが

町の観光協会や商工会、またご参加頂いた
地元の方の「地域愛」が感じられます

過疎というか、自身にとってはこれからの町
そんな感じがしました

そしてこの健康大学を定期開催して欲しいという
要望には心から嬉しく思います

さて、午前中は今や山代健康大学の非常勤講師こと
薬草博士の林さんの登場です

20151008_薬草講座

20151008_表匹見峡でいざ観察

この健康大学もこの林さんの存在なくしては
開催はありえませんでした
(平成20年、堀江酒場の清流錦川が全国で金賞を
頂いた時、お祝いの席で持ち上がった話しです)

私も林さんも87回もやるとは、そして島根県で
開催するとは当時は想像もしませんでした

しかしながらこの匹見町で声がかかって
自分たちの地域でもやりたいというのは
ホント嬉しい!!です

いつも全力投球で実施してますが、今回は
思いのほか気合いが入ります

午後のウォーキング教室も無事終了し
そして帰りがけに面白いものを発見です

20151008_匹見峡木のパズル

みなさんも、もしかしたら旅先の宿泊施設で
やったことがありませんか?

三角形や長方形の木の積木を組み合わせ
いろんな形をつくるパズルです

ビックリしたのは、ここ匹見町から
全国に出荷しているそうです

この益田市匹見町は木材の町
過疎の風はどこ吹く風

また、行ってみたくなりました
匹見町の方とご縁ができることが
これからの楽しみです

20151008_石見神楽やすらぎの湯1

 


松茸よりも『栗』が好きなあなたへ 10月12日(月・祝)「岸根(がんね)栗」の販売会

9月23日の好評だった栗大福の試食会につづき
10月も栗イベントの第二弾を実施いたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日時 :10月12日(月・祝)
    11時~15時

場所 :錦パレス・フロント前

その他:○山口県内初のヘルシーフライヤーで
     揚げた栗の試食があります

    ○前回好評だった岸根栗100%使用の
     栗大福の試食も!
     
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、栗が好きなみなさんへ質問です
「岸根(がんね)栗」ってご存知ですか?

一粒が30グラム以上もある和栗で最大級の
大きさを誇ります

栗ともみじ-16460

また、大きいだけでなく冷蔵保存すれば
するほど甘さが増すという特徴もあります

当日は、一㌔3,500円以上もするブランド栗の
岸根栗を特別価格で販売します

シーズンに先立っての旬な岸根栗をぜひ
手にとってご覧ください

3L