東京ディズニーシー

東京ディズニーシーに新エリアが誕生すると
報道がありました

もう、ディズニーシーもオープンして
早14年もたつんですネ

そんなニュースを聞きながら、前職のとき
ディズニーシーへ出向していた頃を
思い出しました

遊園地1

ディズニーシーといっても
自分が勤務していたのはホテル・ミラコスタ

ディズニー通の人はご存じでしょうが
ミラコスタはイタリア語で「海を望む」

そして、その中のプールで監視員をやって
いたのが自身の仕事でした

短い期間ながらも、すべてが新しく
感じられ

入ったころは「アリエルって何?」
というレベルでしたけど・・・

当初、ディズニーシーに出向を
言われた時は周りは喜んでいましたが
自身は複雑でした

しかし、短い勤務ながらも
一緒に働いたスタッフにはホント親切に
して頂きました

忘れもしない
最後の日

何度も、何度もさらに何度も
「吉本さん、今日何時にあがりますか?」

おっかしいなぁ~
さっきも伝えたはずなのに

「夕方の5時にあがりますょ」

そして5時にあがるときにビックリ!!

ディズニーのスタッフがみんなで
「ひとがき」をつくって待っていました

感動よりも驚きで
何度も何度もあがる時間を聞きに
こられた理由がわかりました

さらに、どこで聞いたか?
自身が好きな「ウィスキー」も
プレゼントで頂き、これもビックリ

多分、親睦会でちょこっと話しただけです
(もちろん、このウィスキー永久に飲めませんね)

よくそんな飲み会の席の会話も
しっかりとおぼえていたものだとまたまた感動!

自分のような人間にこれほどまで
してくれる
これがディズニーのサービスなんです

人を感動させ続けてこそ
新たに展開できる

その新しいエリア
「アナと雪の女王」

この年になっても楽しみです

そしてぜひ、またあの感動を
12年ぶりに味わってみたいものです


読書のすすめ

このブログを読まれている方は多分
「本」もしっかり読まれている方と
推測します

私もあまり、本は読まないというか
ほぼ読まない方なので、今日のお題は
あまり説得力のない話かもしれませんね

でもですよ
物事にツボとコツがあるとしたら
多分、読書にもあるはずです

「読書は秋なのに、季節外れの話題」と
つっこまないで、どうか最後までお付き合い
下さいませ m(__)m

さて、それぞれ皆さん
好きなジャンルがあると思いますが、
如何ですか?

本

小説 文庫本 歴史 ミステリー フィクション などなど

そして、今日はどの本が良かった!
というのではなく

先ほどもお話しした「ツボとコツ」について
お伝えできればと思います

まずは、同じジャンルの本を読むことを
お勧めします

間違ってもふらっと本屋に行って
タイトルや表紙に引かれて衝動買い

悪くはありませんが・・・・

それでも、できるだけ同じジャンルに
こだわってみて下さい

何冊か読むと共通点が見えてきます
(自身の場合はビジネス書)

そして今度は読書のメリットです

それは人と話す時、筋道たてて
つまり論理的に話せるということです

これは新聞を読んでも同じようですが
やはり本も新聞も読まないで人と話すときは
支離滅裂・・・・

やはり、秋という季節にとらわれれず
年間を通し読書に親しみたいですね

さらに言えば

TV Web など映像を通す物は
受動的ですよね
(こちらが、意識しなくとも入ってくる)

それに対し読むことは能動的

このあたりも論理的に話せる事にも
つながっているようです

最近はスマートフォンやタブレットの発達で
電子ブックなるものもあります

楽天の三木谷さんは「あと5年もすれば
ペーパーレスになる」と公言して
すでに3年

インターネットの発達から
ますます活字離れが進んでます

しかし、ほんとにあと2年で紙の書籍は
無くなるのでしょうか?

良書は永遠
人生を変えるのは

人との出会いと本だと言い切る人も
います

そして
「自分の考える時間を一番もてるのは
本を読んでいる時」だと思います

考える人

どのように皆さんがゴールデンウィークを
過ごされるのかは?それぞれでしょうが

自然に囲まれた静かな空間で
「読書」
なんていうのは如何でしょうか?

0009


静かなブーム「日本酒」

ブームと言えば、かならず波がきて
そして消えてしまう

注目はされ、そしてやがて飽きられる

上がった株はいつかは下がるではないですが
この静かなブームはぜひ継続してもらいたいです

国酒=日本酒

地酒維新

獺祭(だっさい)に代表されるように
日本酒そして山口の地酒が注目されてます

嬉しいことです

しかし、蔵の人達に話を聞くと
皆手放しでは喜んでおられません

それは、以前に日本酒ブームがあり、
それが過ぎ去り辛い時代があったからだ
そうです

そして歴史は繰り返すではありませんが、
また同じようなことを繰り返すのは
蔵の誰もが、そして自身ものぞんでません

しかしながら今は日本酒ブーム
この流れに乗ろうと
ツアーやイベントが催されます

悪いことではありませんが、ブームという
一過性のもので終わりたくない思いは
先ほど述べたように
蔵の方たちと自身の思いは一緒です

しかしそもそも
何故?自分は日本酒が好きか?

もちろん自分が好きなのは
日本酒でもありますが、もう一つは
「酒蔵のつくり・雰囲気」です

蔵

決してお酒が強い訳でもなく
そして詳しい訳でもありません

ですが、高校生の時
地元の酒蔵でアルバイトをした時
酒蔵の魅力に魅せられました

もちろん、高校生だから
お酒を飲むわけでなく

あの静かな蔵の奥の扉が開き、
朝日が差し込んできた瞬間の光景

自分たちの住む錦町にこんな素晴らしい
場所があるのか?

まさしく「ここは何処?」のような
世界に舞い込んだ光景でした

自分の中では酒蔵は立派な文化遺産の
ようなものです

ぜひぜひ
日本酒+蔵
そして杜氏の蔵人の想いを伝えたい
と強く思っています

最近は
グリーンツーリズムや体験観光
様々な地域資源をつかったものが
あります

これらには、なかなか自身の気持ちが
乗りませんが、しかしこと酒蔵になれば

高校生時代の酒屋のバイトに始まり
その造り酒屋に見せられ
そしてまたUターンで戻り
日本酒と関わる機会が訪れました

自身は日本酒のそして蔵の魅力発信に関われたら
本望かもしれません

お酒の魅力は飲んでうんちくを語る場ではなく
人生があり、ドラマのような匂いがあり

居酒屋

とっても、その魅力はブログでは
書きつくせませんが

静かな日本酒ブームだけに
細く長くでも続いてもらい訳です

そして、微力でもその魅力発信の
お手伝いができるようなことが自身の

もしかしたら
仕事⇒「志事」

志す事になるのかもしれませんね

(ウンチクぽく長い文になってスミマセン・・が
 最後まで読んで頂きホントありがとうございます)

すぎだま


思いを込めて舞いあがれ「虹の鯉のぼり」

出勤前、光市によることがあり
時間があったので日本の渚100選、日本の名松100選で
有名な「虹が浜海水浴場」へ

20150426_092557

こちらの海水浴場は
瀬戸内側にあるにも関わらず、正面に島が見えず
その長~く続くビーチはライフセービングをやってたころの
九十九里浜を思い出させてくれます

天気にもめぐまれ、車を停めビーチへ足を
進めると「おぉ~!」

砂浜鯉のぼり

無数の鯉のぼりが泳いでいるでは!!

川を横断させた鯉のぼりは見たことが
ありましたが、海で泳ぐとは!

ホントきれいで壮観です
あまりにも凄いので近寄ってみると

おや?

何か鯉のぼりに七夕の短冊のように
願い事らしきものが書いてあります

思いを込めて

実はこれは
「虹の鯉のぼりプロジェクト」なるもの
だそうです

東北で震災を受けた方が
亡くなった子供が好きだった青い鯉のぼりをあげ
その子供が天国でも寂しい思いを
しないようにとのことで始まった
プロジェクトだそうです

それを中学校での交流で
光市の子供たちが知り始まったのが
始まりのきっかけだそうです

海に泳ぐ鯉のぼり

山口県光市と宮城県東松島市
場所は離れても海でつながっている

暮らす場所は離れていても
思いはつながっているということで
七色の鯉のぼりをあげ

そして
「震災も津波もない青空へ舞いあがれ」
という思いが込められているそうです

スタッフの方から話を聞かせて頂き
ほんと胸が熱くなりました

当然、海といっても占有許可や条例やらで
いろいろとここまでに至るには大変だった
そうです

しかし、思いがつながり認められ
このようなプロジェクトとなっています

20150426_091424

震災の辛さ、大変さは我々のはるかに
想像を越えたものでしょうが

その辛さや悲しさを乗り越え
このような取り組みがされていることに
ほんと感動をおぼえました

「震災も津波もない青空へ舞いあがれ」


スランプ

今シーズンのプロ野球「広島東洋カープ」
優勝候補にあげられながら
なかなか波にのれずの状態です

そして、私の仲間も調子云々でなく
暗い暗いトンネルの中のようです

悩む

何故なら、先日会った時

話に覇気がなく

表情もさえず

話は聞いているけど聞こえているレベル

顔色も悪く

ホントこちらから話しかけるのもためらうぐらい
全くすべてに「気」が入ってません

仲間として、いろんな悩みを抱えているのは
わかりますが・・・・・

以前を知るだけにどうしたものやらと考えて
しまいます

しかし

よく考えてみれば
カープもこのまま最下位のままシーズンを
終わるのでしょうか?

ここを我が仲間にも考えてもらいたいです

人生山あり谷あり

良い時もあれば、悪い時もあります

以前のブログでも書きましたが
「やまない雨がないように、明けない夜もありません」

陰と陽 表と裏 清と濁

なんとかカープもそして我が仲間も
スランプを脱出してもらいたい

何故なら、彼の本来の力はそんなものでは
ないからです
(カープも同様です)

かくいう私もちょっと前まではスランプ?
いや
冬の時代でしたが、かならず流れは変わります

もし、このブログを読んでいる方で
「あぁ~ ついてないな・・」

とか

「人生、どん底だよ・・」

などのような方は、いらっしゃらないと存じますが
もし、それに近い方がいらっしゃったら
私の仲間も含めて
ぜひ、読んで頂きたい一冊を

ご紹介します

ライフイズビューティフル

もぉ~この本を読んだら
「人生無敵」です

自分もこの本に救われました

そして最後に大好きなワンフレーズ

「人生はクローズアップすると悲劇だが
ロングショットでいえば喜劇である」


ココロ(心)癒される時

日々、ストレスが多い中、
心癒される場所がもしあるとしたら
興味ありませんか?

癒し

おもてなし

ヒーリング

様々だと思います

もしかして「そうづ峡温泉・錦パレス」では?
とお思いの方





残念ながら?実は違うんです

山口県下で一番長い川「錦川」
その中流域に実はあるんです

名前を「美川ウッドワーク」

20150421_185500

案内して頂いた部屋は木のぬくもりと
そしてフィトンチッドが香る癒しの空間

森林浴に人の手作業のほのかな温かみが
加わった上質空間でした

20150421_180058

20150421_180044

オーナーの方は「いや~センスないんけど」
といいながらも、どうです?この雰囲気
「伝わりますよね!」

また、こちらでは木工教室「手作り学習机」
もおこなっているとのこと

20150421_180036

実は、こちらが隠れた人気といっては失礼ですが
足しげく通う方がいらっしゃるということです

部屋の中には、陶器の展示もあり
これがまた木目とうまくマッチしてます

20150421_185520

自身のストレスが溜まりに溜まったいたのか?
それとも国道からちょっと外れた
別世界のような空間に魅了されたか?

短い時間ながら、心地のいいそして
心洗われるような感じでした

改めて自分たちが住む地域でも
まだまだ魅力ある場所があることを
体感した次第でした

「あぁ~今度は、コーヒー飲みながら一日
仕事と自身の半世紀について考えてみたい・・」
です!


「今日は何の日」ですか?

一年365日、様々な特別な日があります

例えば
11月23日が「いい夫婦の日」
6月4日が「虫歯予防デー」
などです

近いところならば
4月4日がヨーヨーの日
4月18日が良い歯の日
だそうです

ほんと毎日が記念日のようです

さて、そして今日の4月20日は?
というと

「穀雨(こくう)」だそうです

二十四節気によると
穀物の生育を助けるために温かい雨が
多いとのこと

枝豆

な~るほど

どうりで雨が多いはずです

そして
自然界にとっての恵みの雨と思えば
あながち「雨」も悪くなりと感じませんか?

しかし二十四節気をひも解けば
いろんなことがわかってきますね

まさに「温故知新」

しかしながら、当館駐車場の雑草も
日増しに延びているのが目に見えて
わかるもの、やはり穀雨・・・・・・

イヤ酷な雨「酷雨」でしょうか?


灯台もと暗し

自分の事は自分が一番わかっているようで 実は一番わかってない 同じように 地域のことは、地元の人間が一番わかって いるようでわかってないことが多い・・・ そんなことを改めて感じるきっかけを 広島からこられた二人のお客様から 与えて頂きました 20150419_160736 ここのところ週末は雨が多く 雨だと楽しめるものが限られますが、 本日は「とことこトレイン」の運行日 もちろん雨でも大丈夫です 20150419_131516 久々に雙津峡(そうづきょう)温泉駅へ おぉ~!新サービス発見 駅員さんではなく、乗る方自らで 切符切りです♪ 20150419_131412 自動改札がほとんどの時代に なつかしいですね~ こういう昔ながらを体験できるとは 知りませんでした そして二人に乗って頂いただき いよいよ出発です 20150419_132020 20150419_132024 霧けむる雙津峡温泉側を出発し 一路、錦町駅へ6キロ40分の遊覧です 20150419_132032 20150419_132037 さて、錦町駅についても まっすぐ帰ってはいけませんょ まず、売店へ 20150419_140750 ここでのお買い物は 缶ワッペン キーホルダーとマニアにも 喜ばれそうな新たなグッズがラインナップ そして、お隣の清流トラベル(案内所)へ ここには、さらに鉄道マニアが喜びそうな レアものが!! 20150419_141141 閉塞(へいそく)機なるもので 単線の場合、列車の衝突を防ぐものだとか そして、この機械にはタブレット? を使うらしく タブレット=iパットや液晶タブレットか? と想像してしまいますが 実はこれです ↓ 20150419_141147 そのほかにもレールの断面片や 鉄道釘などなど 今まで何度も訪れながら知らなかったものばかり しかしこれも知人であり、お客様が こなければ知らないまんまだったでしょうね 何か?きっかけがないと その地域の良さを知らないまんまで過ごして しまいます 特に地元民は そして 地元がいいと思っているものと 都会の人がいいと思っているもの そのミスマッチを教えてくれた一日でした 最後に

二人が口をそろえて言ってたこと 「この川なに?」 「この川、ありえん」 「川がぶちキレいい!」 「川がめちゃきれい!!」 「川が、もぉ~やばい!!!」


第81回山代健康大学~認知症予防の為のグループワーク

第81回山代健康大学が行われました。

テーマは高齢化社会の課題の一つでもある
「認知症」です

以前は痴呆と呼ばれてましたが、2004年から
現在の呼び方に変わりました

ところで、このブログを読まれている皆さんは
はたして認知症患者の方は日本で何人ぐらい
いらっしゃると思われますか?







その数65歳以上の方で約462万人
さらに
軽度認知障害の方も約400万人
だそうです(2012年調べ)

今だ、まだ認知症に対する特効薬は
ありません・・・・
なので対策は予防第一です

そして巷では、TVや雑誌さまざまな
媒体でその予防法は紹介されてます

何故、日本の人口は減りつつあるのに
認知症患者は増えていくのでしょうか?

そんな急速に
高齢化=認知症患者増加なのでしょうか?

予防の知識は広がりつつあるはずなのに
減っていくはずの患者が何故増えるのか?

偉そうなことを言うわけではありませんが
実はここに大きな問題が潜んでます

わかりやすく言えば
ダイエットの商材や方法など今まで様々と
世に出回ってきました

何故、太っている人は減らないのか・・・

ここがポイントです!!!

つまり、予防もダイエットもほぼ同じ

『わかっているけどやらないのです!』

もしくは

『やっても継続できないのです!』

今回の健康大学では
この2つの課題を解決する為に

☆楽しくなければ人は取り組まず

☆楽しくなければ継続しない

ということで
ご覧のように有名人たちを
等身大で新聞紙でつくりました

20150416_120714

20150416_114941

本日のお題は
男気の黒田投手
花燃ゆのヒロイン井上真央さん
YES WE CANのオバマ大統領
日本のファーストレディ安倍昭恵さん

出来上がった作品の前で記念撮影

(皆さんどれがどれだか わかりますか?)

20150416_124114

答えはさらに下

向かって左より
オバマ大統領
安倍昭恵さん
(顔がたおれてしまいました)
井上真央さん
(チョッと太めすぎです)
黒田浩樹投手
(185センチが210の等身大?)

みなさん、お疲れさまでした


異業種交流会を超えたホンネの交流会があるんです

飲みにケーションという言葉がありますよね☆

昨日参加した山口新酒の祭典2015はまさに
「ホンネの交流会」でした

第一回目の相撲茶屋での開催から、今回で8回目
毎年盛り上がるこの会がようやく地元「岩国」へ
やってきました♪

20150412_171410

もう祭典というぐらいでお酒が飲めなくても
雰囲気に酔ってしまうそんなたまらない会です

20150412_173506

そして、この新酒の会は不思議な会で
見ず知らずの人と知らない間に打ち解けてしまう
そんな会なんです

と、その前に簡単に昨日のレポートを

まずは、自身がひいきにしている地元周南の
(自身の職場は岩国ですが、在住は周南なんです)
山縣本店さんの登場です

20150412_173230

ほんとここのお酒はやわらかく香る感じが
特徴です
味も昨年秋に東京で飲んだ時より、さらに
進化してました

そして、銘酒「山猿」の永山酒造さん
根強いファンが多いここのお酒はキレがあります

20150412_173318

そしてお待たせしました
わが蔵「堀江酒場」「金雀(きんすずめ)」の
登場です

20150412_173439

そのほかにも、雁木(がんぎ)や日下無双(ひのしたむそう)
長陽福娘(ちょうようふくむすめ)など
な、なんと県内19蔵の銘酒が飲み放題の会なのです

さて、話は戻りますが、ホントお酒の「宴」は「縁」
なのかもしれませんね

実は、この度招待した者で
最後の抽選会で19蔵の清酒を大当てした
のが彼です

20150412_195401

20150412_200021

ホント元気があって明るいエネルギーの
塊のような彼なんですが

司会のヤスベェさんよりのインタビューで
「どなたの紹介ですが?」と聞かれ

20150412_195454

「そうづ峡温泉・錦パレスの吉本支配人からです」と

ここまで書くと自慢っぽくなりますが、
それを聞いていた参加者の方の中で

「僕も錦町の出身なんです」と
声をかけてくれました

それ以外にも、同じたつ年生まれの
下関の竜夫さん

経営塾で学んだ山本さんなど
たくさんの方と面識がもてました

まさに、お酒の取り持つ縁ですね

改めて日本酒のもつ不思議な力に
驚くばかりで名刺交換するにも
こちらの会はそれ以上に意気投合できます

コミュニケーション=飲みにケーション

その意味が深く体感できた一日でした