明日、6月1日(土)鮎が解禁となります

いよいよ待ちに待った鮎釣りが解禁となります。

それに併せ、当館でも6月の夕食から、鮎の塩焼き、鮎の造りなどもご賞味頂けます。
昨年は、高知県の全国清流めぐり利き鮎会で、みごと2度目のグランプリを頂いた宇佐川の鮎は、まさに清流であるが故の証です。

当館眼下を流れる県内屈指の清流「宇佐川」をながめ、夜は静かに川のせせらぎに耳を傾け、旬の地酒を頂く・・・。
明日より、鮎、ホタル、旬の地酒と季節の風物詩が揃います。


ホタル鑑賞 6月2日(日)から始まります

6月2日(日)から6月26日(水)まで夜20:00~21:00の時間帯でホタル鑑賞を行います。

毎夜、バスでホタルの穴場へご案内致します。
さらに行き帰りの車中では、ホタルの豆知識や地元の観光案内、さらに一日車掌の登場などで決して退屈はさせません。

当館のホタル鑑賞は、期間が長いのも特長です。
近隣の河川で、それぞれ一番見頃な場所へご案内するので、期間中はいつこられても、ホタルの乱舞が楽しめます。
そして、鑑賞するホタルはもちろん自然に生息する純天然のホタルです。

特に当館目の前の宇佐川は昨年の利き鮎(どこの河川の鮎が一番おいしいか?の食べ比べ)でグランプリを受賞の折り紙つきの鮎が生息する清流です。
きれいな水でないと見ることができないとされるホタルの代名詞「ゲンジボタル」を思う存分鑑賞してみましょう!


2013年5月 FMはつかちに当館支配人の吉本が電話出演します

5月28日(火)FMはつかいち(76.1MHz)の『昼はまるごと! 761』12時~16時オンエアに当館支配人の吉本が、電話出演します

出演は15時15分からの「ぶらり小さな車窓から」です
広島県廿日市からも車で1時間足らず、清流や鮎、そして地酒など地域の見所を紹介します。

ぜひ、FMはつかいちの『昼はまるごと! 761』お聞き下さい


JR広島駅南口地下広場で観光PRを行います 5月25日(土)11:00~17:00

西中国山地観光施設等連絡協議会の各施設が、観光PRをJR広島駅南口の地下広場にて、11:00~17:00の時間で行いました。

●日 時  平成25年5月25日(土) 11:00~17:00
●会 場  広島駅南口地下広場(エールエール)
●内 容  ①各地域の特産品販売
        ・地元野菜、田舎寿司、味噌各種、こんにゃく各種、その他各地特産品多数
②ステージイベント
        ・和太鼓、民話の紙芝居、ひょっとこ踊り、フラダンス、クイズ大会 など
③体験イベント

・温泉コーヒー 【山口県】
・ハンドグラヴィール 【広島市】
・チョウザメ体験コーナー 【広島市】
・風車づくり教室 【廿日市市】
・ごへい制作体験 【山県郡北広島町】
・オリジナル万華鏡づくり 【広島市】
④観光PRイベント
・各施設紹介ポスター、パネル展示コーナー
・観光パンフレット、ちらし配布

・ゆるキャラとふれあいコーナー
・観光映像上映

■主 催  西中国山地観光施設等連絡協議会、広島市佐伯区役所

西中国山地観光施設等連絡協議会のホームページはこちら