6月16日という日

もう3年目になる命日
たった一人、自分を経営者として
尊敬してくれた人がなくなった日です

当時、和菓子屋の専務として活躍してた
彼女は3年前の今日 16時35分に
50歳の若さで旅立ちました

生前の頃を知っているだけに
あの明るさで病をわずらってたとは
今でも信じられません

そして今でも経営者としてまだまだですが、
3年前の自分を同じ経営者として尊敬して
くれたことが、ほんと彼女に申し訳ない

なぜなら自分よりすばらし経営者はたくさんいるし、
自分は人から尊敬されるような立場でもないし

そんな本当の自分を知らないで他界した彼女に
今でも申し訳なく思い、あの日から自分は彼女が
思ってた真の経営者になろうと志をたてました

それは、会社の売上向上や経営のスキル
人を動かす力、リーダーシップなどと
いうものではありません

自分が目指す真の経営者とは
人の痛みや悲しみがわかる人

振り返ってみれば、ほんの少し
ほんの少しながら近づけたか・・

多分、自分も自分の一生を終えるまで
このことを自身に問い続けると思います

また明日から彼女が思っていた
真の経営者に向けて取り組みを続けます


コメントは受け付けていません。