第101回山代健康大学「カイロプラクティックで歪みをとる」

あの、記念すべき100回目講演の興奮が続く中
第101回目の健康大学が行われました

本日は、カイロプラクティックです

アメリカから入ってきた背骨を手わざで整え、
自然治癒力を高める技法です

このたび、驚いたのは手わざのみならず
睡眠、栄養、運動、と健康の3要素にも
きちんと指導しているところでした

通常の整体、マッサージなど痛みをとる
または緩和することに主眼がおかれますが

このカイロプラクティックは、痛みの原因と
なる生活習慣にアプローチし、運動や姿勢の
矯正により再発防止までもっていくことでした

と、話がかたくなってきたので本日の様子を
ご紹介します

講師は鶴田健一朗さんです

名前にもありますが、明るい朗らかな人柄
ながら、知識と対応力はかなり鋭いです

まずは、模型をつかって痛みの原因や
筋肉の張りなどをわかりやすく解説です

100回以上の健康大学の中で、自身の記憶の中では
一番真剣に聞いていたような感じです

そして、痛みの原因がわかった後は
ゴムバンドと運動で改善していきます

なかなか皆さん、最初は何が始まるのか?
ちょっと不安な表情もありました

やり始めると即、その効果が体感できた
ようです

首のアーチをしっかりつくる体操です

このたび、カイロプラティックを体感して感じたことは、
きちんと患者が自立できるところまでサポートしている
ことでした

痛みをとれば、それでお役御免の場合もあれば
痛みが改善されず、また違う医院を選んだりする
場合もあります

ですが、このカイロプラティックこそは
結果にコミットする施術といっていいものでした

そしていろいろな施術者がいるの中で
今回講師を務めて頂いたカイロプラクターの
鶴田健一朗さんは、自身を持ってお勧めできる方です

いい101回目のスタートがきれました
これからも、参加者の健康増進に全力投球です


コメントは受け付けていません。