温泉関連の資格、温泉利用指導者とは

温泉の資格と言えば、温泉ソムリエ(全国で約17,000人)が有名ですが、私自身が持つ温泉利用指導者とは、いかなる資格か?をお伝えさせて頂きます。

1.温泉入浴指導員の上位資格であり、温泉利用型健康増進施設には配置が必須です

私自身、今の仕事に就くにあたって温泉入浴指導員の資格を取得しました。

認定している日本健康開発財団によれば、 温泉利用プログラムを安全かつ適切に指導する能力を有し、身体測定、生活指導及び応急手当ができると判断された方で、温泉入浴指導員は、厚生労働大臣認定温泉利用プログラム型健康増進施設の認定要件として『温泉入浴指導員』の配置が義務付けられています。

とありますが、ちょっと難しいので簡単に言えば、認定施設には温泉利用の有資格者が必要ということです。

もともとは、厚労大臣認定の温泉利用型健康増進施設の認定条件に温泉利用指導者の配置が必要でしたが、基準を満たすには様々な条件が必要で普及しずらかった為、その簡易版としてできたのが温泉利用プログラム型健康増進施設であり、温泉入浴指導員です。

・温泉利用健康増進施設 = 温泉利用指導者(講習期間:8日間)

・温泉利用プログラム型健康増進施設 = 温泉入浴指導員(講習期間:2日間)

となります。

温泉入浴指導員との違いは、温泉療法医の定めた温泉療養指示書に沿って入浴指導をする点です。

さらに、その指示書に温泉療法医と我々温泉利用指導者の認印があれば、温泉利用健康増進施設の利用料と往復の交通費が医療費控除の対象となり、税制面の優遇措置が受けられるという訳です。

この制度ができた時は、縦割りの省庁の中で、横断的な取り組みとして画期的なものでしたが、今もその制度を使う人や知る人は少なく、また前述したように温泉利用型健康増進施設の認可取得のハードルが高かったりこともあり思うように広がらなかった現状もあります。

温泉入浴指導員:約4,600人
温泉利用指導者:約 400人 (2013年現在)

また、温泉入浴指導員は誰でも受講できますが、温泉利用指導者は受講資格として保健師、管理栄養士、健康運動指導士など国家資格かそれに準ずる資格が必要なのも上記の人数の違いに表れているようです。

私も平成20年の秋に東京の五反田の会場で8日間、朝から日が暮れるまで10名の仲間と過ごしましたが、結構同じ時間と同じ目的でいると仲良くなるもので、思い起こせば懐かしい思い出でもあります。

2.そうづ峡温泉・錦パレスは温泉利用型健康増進施設なのでしょうか?

違います

温泉利用指導者はいますが、施設としての条件を満たしておらず、私自身の目標でもありますが、自身が温泉入浴指導員から温泉利用指導者となったように施設もまずは温泉利用プログラム型健康増進施設を目指したいと思っております。

そうは言いながらも、せっかく持っている資格を生かしたいと常日頃から思っており、そして人は本来、病気やケガを薬に頼らずとも治す力を持っています。

その治す力を引き出すのが、温泉であり、自然環境であり、人とのコミュニケーション(プラスの言葉がけ)であったりします。

この仕事に就く前はスポーツクラブ産業に約18年
そして、その当時に培われた「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」という気持ちは今も変わりません。

現代はインターネットが発達し、様々な情報が飛び交い、多種多様な社会において、これから先の健康づくりは簡単なように見えますが、実は様々で、特に鬱(うつ)などの精神疾患者も増えてきます。

人々の健康づくりに寄与したい気持ちと健康であることの素晴らしさをこの優れた温泉と自然環境とそして今まで培ってきた健康の知識と温泉利用指導者という資格をもって、訪れる方の心とカラダが元気になる、そのサポートをするのが私自身の役割だと自負してます。


コメントは受け付けていません。