温泉♨の効果効能とは

日本人は温泉好きな人種とも
言われます

日本に温泉はどのくらい
あるのでしょうか?

自慢に聞こえたらスミマセン
山口県でただ一人の
温泉利用指導者である支配人の吉本です

私自身、前職がスポーツクラブ産業であり
(セントラルスポーツ株式会社)
健康づくりは得意分野でもありましたので、
今度は温泉を使って健康へ寄与できればと思って
取得した資格です

さて
冒頭の温泉の数はグーグルなんかで調べれば
即わかることですが(2,983箇所)

温泉ってホントにカラダに良いのですか?

イエスかノーかで言えば
「からだに良いのですょ」となり
面白くもなんともな~いと思われるとお察しします

では、11種類ある泉質で何がいいのか?
カラダを温めると免疫力があがるなど
また、静水圧効果によるマッサージ効果
などなど

いろいろありますが、
一番の温泉の効果は、転地効果となります
(日本の温泉療法の第一人者である植田理彦先生も
 ことあるごとに言われてます)

転地とは普段生活している場所と温泉地とでは
気温や気圧や環境の変化が刺激となり、心や身体の
調子が整うことを言います

モチロン
夜は早く寝て、朝は日の出とともに目覚める
これなら生活習慣も整いますネ

当館など周りにコンビニもなければ、歓楽街もない
オンとOFFなら完全にオフの温泉地

この転地効果があるがゆえ、スーパー銭湯や健康ランドでは
得られない効果効能が温泉地にはあるんですね

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます
皆様方がいつまでも健康でありますよう願っております







コメントは受け付けていません。