東京ディズニーシー

東京ディズニーシーに新エリアが誕生すると
報道がありました

もう、ディズニーシーもオープンして
早14年もたつんですネ

そんなニュースを聞きながら、前職のとき
ディズニーシーへ出向していた頃を
思い出しました

遊園地1

ディズニーシーといっても
自分が勤務していたのはホテル・ミラコスタ

ディズニー通の人はご存じでしょうが
ミラコスタはイタリア語で「海を望む」

そして、その中のプールで監視員をやって
いたのが自身の仕事でした

短い期間ながらも、すべてが新しく
感じられ

入ったころは「アリエルって何?」
というレベルでしたけど・・・

当初、ディズニーシーに出向を
言われた時は周りは喜んでいましたが
自身は複雑でした

しかし、短い勤務ながらも
一緒に働いたスタッフにはホント親切に
して頂きました

忘れもしない
最後の日

何度も、何度もさらに何度も
「吉本さん、今日何時にあがりますか?」

おっかしいなぁ~
さっきも伝えたはずなのに

「夕方の5時にあがりますょ」

そして5時にあがるときにビックリ!!

ディズニーのスタッフがみんなで
「ひとがき」をつくって待っていました

感動よりも驚きで
何度も何度もあがる時間を聞きに
こられた理由がわかりました

さらに、どこで聞いたか?
自身が好きな「ウィスキー」も
プレゼントで頂き、これもビックリ

多分、親睦会でちょこっと話しただけです
(もちろん、このウィスキー永久に飲めませんね)

よくそんな飲み会の席の会話も
しっかりとおぼえていたものだとまたまた感動!

自分のような人間にこれほどまで
してくれる
これがディズニーのサービスなんです

人を感動させ続けてこそ
新たに展開できる

その新しいエリア
「アナと雪の女王」

この年になっても楽しみです

そしてぜひ、またあの感動を
12年ぶりに味わってみたいものです


コメントは受け付けていません。