小瀬川(おぜがわ)温泉を訪ねてみる

国道186号線は、まさに紅葉ロード今時分が見ごろである

そんな紅葉の時期に訪ねてみたいのが、小瀬川温泉
うたい文句はラドン含有量162マッヘ

ラジウムの含有量を表す単位だが、最近の原発事故でよく言われるベクレルの方が聞きなれているので、今一つわかりづらい単位ではある

さて、そのラドン含有量よりも、この温泉のロケーションとその周辺がなんとも落ち着いたお勧めの環境である
近くに喫茶もいくつか点在し、道の駅スパ羅漢(らかん)も近い
西の軽井沢とも呼ばれ、夏の避暑にもよさそうだ

温泉の効能にプラス自然のナチュラルパワーでしっかり充電できそうである
飲泉も可能で、温泉には必要なアイテムもしっかり揃っている

小瀬川温泉


コメントは受け付けていません。