寒くなるとソーメン ⇒ 煮麺です

暑い時は、涼を感じる素麺(ソーメン)、そしてこれからの時期は煮麺(ニューメン)ではないでしょうか? ということで、清流宇佐川の天然鮎がのった鮎焼き煮麺をいただきました

多分、お雑煮にしてもいけそうです (愛采屋さんにて) 鮎焼きソーメン  


コメントは受け付けていません。