寒い時にこそ、おすすめのお湯

例年になく寒い日が続く・・・・

しかし人は仕事でストレスを感じたり紅葉シーズン、そしてこの冬場の寒い時には温泉が恋しいものです

以前、泉質には11種類あり・・・とお伝えしたが、はたしてどの泉質が寒い時つまり温まるには最適なのでしょうか????

温泉自体はどの泉質でもカラダを芯から温める作用があるものの、やっぱり「熱の湯」と呼ばれる「塩化物泉(食塩泉)」が一番です

よく風呂上がりにかけ湯をするな!と言われますが、これは塩分がカラダの皮膚の表面に被膜をつくります
簡単に言えばサランラップに包まれているような感じで保温効果が高まります

なので、この被膜を湯あがりに流さないように!ということでかけ湯(あがり湯)をするなということですね

あと、この塩化物泉(食塩泉)の特徴は循環式の湯船でもその効果が掛け流しとほとんど変わらないのも嬉しいことです
海の近くに多い温泉ですので、ぜひ寒い日にはお勧めですょ

草津湯畑


コメントは受け付けていません。