ヒートショック

冬場になると目にするのが、いわゆる温浴時(家庭の風呂も含む)の事故である

いわゆる脱衣場と浴室内の寒暖差や外で冷え切ったカラダを湯船のなかで一気に温めることで血管の凝縮と拡張が短時間に起こり、それが原因で老化した脳血管などが破れ最悪の場合には死に至ることがあるこの現象のことを指している

本来は温泉の楽しさや様々な温泉地の紹介をしていくべき趣旨のコラムだが、正しい温泉の入り方や安全管理なども我々温泉利用指導者の役割でもある。
なのでとくに早くから寒い今年の冬だからこそ注意を促しておきたい

温泉の吐出

さて、この事故を未然に防ぐには2つの方法がある。
その一つ目は脱衣場と浴室の寒暖差を少なくすることである

家庭なら湯船にお湯をためるときシャワーで浴室内を暖めるなども推奨されているが、温泉地では十分なかかり湯をして入浴してもらいたい

そしてこの次の2つ目がなかなか知られてないところで、入浴すると血管が拡張し、血圧が下がるがそれと同時に知られてないのが血中に老廃物がでることで梗塞(血管がつまる)が起こり、意識がなくなり、溺死を引き起こしている

楽しい温泉が悲しい事故の現場になるのことはぜひとも避けたい!

これを未然に防ぐには、ズバリ入浴前の「水分補給」

健康 飲む

コップ半分でもいいので、かならず入浴前後の水分補給はこまめに行って頂きたい


コメントは受け付けていません。