おごりと誇り

今朝の読売新聞にロッテの岡田選手についての
コラムが掲載されてました

(岡田選手というから、てっきりオリックスの
T岡田か?と思いきや・・・・・)

すばらしい野球人として魅力あふれる
選手についての内容でした

守備のスペシャリストでながら、その謙虚さと
向上心について紹介がされてました

そして、主題の「おごりとほこり」

next one

例えば
一時、脚光をあびながら、その後は
なかずとばずの人がいれば、

かたや、目標高く頭が低い
常に謙虚さと向上心が習慣の人

そして、その後者である千葉ロッテの岡田選手

彼のファンに対する、野球に対する在り方が
書かれてました

もともと
野球の勝ち負けよりも、球団の組織力や
チームづくりに興味をもったのが、かつての
西武ライオンズ、森 祇晶(まさあき)監督から

また、今日あらたに千葉ロッテの岡田選手から
人として、会社人として学んだこと

「おごりと誇り」です

おごりとは自己満足から、他人を見下すこと
そして誇りとはハングリーさから上を
目指すこと

なるほど

野球人から、人としての大切さを
学ぶことは多いようです


コメントは受け付けていません。