いまさらながら、ガラケー

会社で携帯電話を契約しました

最新のスマフォと言いたいところですが
「ガラケー」つまり2つ折りの携帯です

フューチャーフォン

ガラケー=ガラパゴス携帯電話
いわゆる進化できず取り残された・・・
携帯電話とでもいうのでしょうか?

さて、何で今更ガラケー? 
将来的には無くなるのでは?

いろいろ読まれている方には???だと
思います

もちろん、自身も新し物好きなので
スマフォ愛用者ですが何故今更・・・

理由はシンプル
「使いやすいからです!!」

バッテリーの持ちがよかったり
ポケットにきちんと収まったり

とにもかくにもシンプルで使いやすいのが
一番の理由です

とは言いながら、時代の流れのなかで
レコードがCDに
TVもブラウン管から液晶に変化してます

ガラパゴスではありませんが時代とともに
使いやすさ、多機能などの面で、どうしても
古きものは廃れていきます

しかし
このガラケー 意外とこれからも残って
行くのでしょうね
(実際にドコモの担当者もそう言われてました)

携帯電話いろいろ

我々が小学生のころ「石油はあと30年で
無くなる」といわれながら30年以上たっても
まだあります

また、楽天の三木谷さんは3年前
「あと5年経てば、紙の本は無くなる」と
言っていました

しかし、石油も紙の書籍も、多分あと数年では
無くならないでしょう

古くても良いもの
そして使い勝手がいいものはやはり
人は離れられないのでしょうね

ガラケー=ガラパゴス携帯とは
よく言ったと感心しましすが、
もしかしたら愛着の意を込めているのかも
しれません

そういえば話は変わりますが
当館のTV

未だにガラパゴスTVならぬ
ブラウン管TV・・・

今日も使い勝手が悪い!と
お客様から、お叱りを受けました ^^;)


コメントは受け付けていません。